ボローニャ歌劇場フィルハーモニーとの共演オーディション2020<弦楽器>

2019年12月18日

昨年に続き、世界に通用する本物のイタリア音楽を演奏できる日本人演奏家を育てる為、ボローニャ歌劇場フィルハーモニーの協力を得て、弦楽器奏者の選抜オーディションを開催する運びとなりました。
同楽団より、コンサートマスターをはじめ首席奏者を審査員として招き、厳正な審査を行います。

世界レベルの音楽を知り、演奏技術、メンタルともさらに成長することを目的とし、合格者は2020年8月下旬から9月上旬にかけて約2週間ほどイタリアのボローニャに滞在してもらいます。滞在中は首席奏者のレッスンを受けたり、フィルのリハーサルに参加することができ、日本国内ではなかなか学ぶ機会のない本物のイタリア音楽を体感できる貴重な時間になるでしょう。
イタリアでの成果を踏まえて、最終的に実力を評価をされた場合には、9月に開催する当財団主催の公演にボローニャフィルハーモニー管弦楽団と共に出演してもらいます。

まずは、自身の実力を試すことも一つのステップです。興味をお持ちの方は、ぜひ挑戦してみてください。
熱く、大きな志を持った音楽家を歓迎します。

※オーディションとは別にマスタークラスも行います。こちらのマスタークラスは別途申込が必要になりますが、定員内であればどなたでもレッスンを受けて頂けます。興味のある方は下記のリンクよりご覧ください。
<受講者募集>さわかみマスタークラス2020

募集パート及び定員

ヴァイオリン3名、ヴィオラ2名、チェロ2名、コントラバス1名

※ただし、審査結果によっては定員に満たない場合もございます。

応募資格

  • 年齢、性別不問
    ※ただし、未成年者の場合は保護者の同意が必要です。
  • 音楽大学(器楽専攻)在学/卒業、またそれに準ずる実力を有している者
  • オーケストラ公演の本番、イタリア滞在時と日本でのリハ―サルも含め、全てのスケジュールに参加することができる者
  • 心身ともに健康であること

2020年に予定されている公演

※2/10追記:公演内容はオペラ「椿姫」演奏会形式を予定しています

  • 9/9 名古屋公演
  • 9/10 京都公演
  • 9/11 神戸公演
  • 9/14 東京公演

※上記公演が来日公演スケジュールです。イタリア滞在を経て出演の可否が判断されますが、申込時点において全ての本番に出演できることを条件とします。ただし、審査員の判断により出演公演を限定する可能性もあります。予めご承知おき下さい。

試験日程/会場

2020年3月17日(火)・18日(水)東邦音楽大学 文京キャンパス内

〒112-0012 東京都文京区大塚4丁目46

審査料

審査料:5,000円

※申込受理後、振込先をお伝えします。期限内にお振込の手続きを行って下さい。
お振込の確認を持ちましてオーディションの申込完了といたします。

審査員

吉田裕史(ボローニャフィルハーモニー管弦楽団芸術監督、当財団芸術監督)
澤上篤人(当財団理事長)
エマヌエーレ・ベンフェナーティ(Vn)
ダヴィデ・ドンディ(Vn)
ダニエル・フォルメンテッリ(Va)
エヴァ・ツァン(Vc)
ファビオ・クァランタ(Cb)

審査内容

一次審査
[書類審査]
申込時にお送りいただいた書類を審査します。
二次審査
[演奏審査]
  1. 自身の実力が最大限発揮できる楽曲(任意の曲)を演奏。
    追加で演奏を求められる場合がございますので、複数曲準備されることをおすすめします。
  2. オーケストラスタディ
    一次審査通過者に、当財団により指定ヵ所をお送りさせていただきます。(Eメール)

※ピアノ伴奏はなしとする
※当日は、審査員の指示に従ってください。

三次審査
[面接審査]
審査員との個人面談
※二次審査通過者のみ行います。

 

イタリアでの滞在について

  • 合格後、ボローニャでの滞在期間は、約2週間ほどを想定しています。
  • 9月に開催予定のオーケストラコンサートのリハーサルに合わせ、8月下旬から9月上旬に渡航を予定。
    その際に発生する費用[往復渡航費、宿泊費、生活費など]は自己負担とします。(最大10万円の補助金あり)
    ※イタリアでの首席によるレッスンやオーケストラリハーサルなどにかかるレッスン費用に関しては当財団が負担し、9月末開催予定のコンサート公演に出演が決まった際にかかる費用[国内交通費、宿泊費]も当財団が負担します。
    ※費用面に関してご心配な方は、当財団まで一度お問い合わせください。
  • 出演が決まった際は、出演報酬があります。(報酬額は出演契約時に決定)

応募要項・申込方法

下記の申込フォームより、お申込下さい。

【申込フォームにて必要な事項】

  • 申込者の詳細[氏名・電話番号・現住所・性別・生年月日・年齢・Eメールアドレス・最終学歴]
  • オーディションに関しての情報[希望楽器・演奏曲・志望動機]
  • 添付書類[顔写真]
申し込みにはGoogle アカウントが必要です。アカウントをお持ちでない方は、Google のアカウント取得をしてください。

※応募前にかんたんエントリーを済ませてください。

受験者・受講者の声

オーディションに興味があり応募を考えているけれど、実際に渡航したりイタリアでのレッスンやリハーサルがどんなものなのか、ボローニャフィルと共演して何がかわったのか、また現実問題として費用はどのくらいになるのか、などなど気になることはありませんか?
そんな皆さんの疑問を払拭するため、これまでにオーディションに合格し公演に出演したことのある方たち数名に、よくお問い合わせをいただく項目などいくつかの質問に答えてもらいました!
少しでも皆さんの参考にしていただけたら幸いです。

※イタリアでかかった費用に関しては、当時のレート(2019年9月上旬~中旬頃)の平均に近い数値をとってEUR/JPY=118で円換算しています。
※ボローニャ滞在期間、また現地の滞在先などで人によって金額に差が出てきますが費用額は多い方で25万円程、1ヶ月をこえて滞在した方で30万円ほどになる場合もあります。

準備ができた体験談から順に公開していきます!

ボローニャフィルハーモニーとの共演を機に単身イタリアへ!

Ayaka&Davide

久保田 綾香(Vn)

水戸第三高等学校音楽科、東京音楽大学卒業。2018年イタリアにてボローニャフィルハーモニー管弦楽団のディプロマを取得。これまでに直井文代、川又くみこ、坂本真理、齋藤真知亜、ダヴィデ・ドンディの各氏に師事。現在ミラノのスカラ座アカデミーに所属。

・滞在期間はどのくらいでしたか
約1か月半と眺めの滞在でした

・費用はいくらかかりましたか
渡航費15万円、万家賃800€、その他生活費やコンサート代500€(総額約30万円)

・イタリア滞在時の過ごし方について
日本では頻繁に行けないようなコンサートでも安くチケットを手に入れられるため(学割など)、レッスンのない日はそうしたコンサートをたくさん聴きに行っていました。

・ボローニャでのレッスンやフィルの一員として参加したリハーサルはどうでしたか
ボローニャでは3人の先生方にレッスンをしていただき、それぞれの違った方向からのアプローチを学ぶことが出来てとても興味深かったです。
今現在歌劇場で活躍されているオケマンに教わるオーケストラスタディ(特にオペラ曲)は、テクニック等はもちろん、その先生方が普段感じている音楽に直に触れ、肌で感じることができました。
その土地、その空気感を実際に感じることができたからこそ、より一層イタリアの音楽やオペラ作品に対する理解を深めることが出来たと思います。首席奏者以外のフィルの皆さんも温かく受け入れて下さり、親しくなった団員の方もいます。音楽面で得たものもたくさんありましたが、人との出会いにも恵まれとても充実していました。

・オーディションを受ける方、検討されている方へひとことお願いします
日本でもオペラを聴いたり演奏する機会はたくさんあると思いますが、現地ならではの感動だったり学びがたくさんあると思います。またオーケストラの一員として演奏できる機会は、本当に貴重な経験だと思います。イタリア音楽やオペラに少しでも興味がある人は是非受けてみて欲しいです。

・オーディションを通じてボローニャフィルハーモニー管弦楽団と関わってよかったこと
2017年、ボローニャフィルハーモニー管弦楽団共演オーディションを経て、同年にサントリーホール、2018年名古屋城での野外オペラ公演等での共演と、貴重な機会をいただきました。これまで私は、オペラやヴァイオリンの生まれ故郷であるイタリアに深く関わる機会がありませんでしたが、音楽を愛し、心から楽しんでいるボローニャフィルの奏者たちと、エネルギーに満ち溢れた彼らの奏でる音楽の魅力に一気に引き込まれ、さらに深くイタリア音楽を勉強してみたい気持ちを強くもちました。そして今年からミラノ・スカラ座のアカデミーに所属することとなり、これらの経験は現地で勉強するきっかけを与えてくださいました。
内容はボローニャフィル首席奏者による個人レッスンの受講や、フィルのメンバーの一員として現地での演奏会へ参加するなど、大変貴重な経験を積むことができました。レッスンで学んだことは沢山ありますが、何よりイタリアの空気を直に感じながら生活できたこと、彼らの音楽に対する情熱や敬意を肌で感じた日々は、私の音楽人生において、大きな財産となりました。

さらに数名の方にもご協力いただきました!皆さん丁寧に答えてくださいましたのでぜひ見てみてください。

1472062

Aさんの場合

・滞在期間はどのくらいですか
首席奏者のスケジュールとリハーサル日程に合わせた為、2週間半と長めの滞在 でした

・費用はいくらかかりましたか
約230,000円
◆一部内訳(参考)◆
渡航費:140,000円
宿泊費:約80,000円(ホームステイで素泊まり 1泊40ユーロ)
他、食費について
ボローニャは他の観光都市と比べ比較的料金は安めでしたが、レストランは人件費の関係でほぼ日本と料金は変わりません。
参考金額としてファストフード3~10ユーロ、レストラン パスタ単品の場合10~20ユーロ、市場や食料品店内の食堂はもう少し安いです。
食品物価は非常に安いため、自炊だけであれば1週間20~30ユーロで済むと思います。
Ex. 街のco-opの場合
*1週間分位の食パン0.5ユーロ~
*野菜や果物はキロ単位で数ユーロ
*パスタやお米は1キロ2ユーロ~
*500㍉水0.3ユーロ~
*ワイン一本2ユーロ~
チーズやハムは日本の半分の料金で買うことができ、インスタント食も充実してました。
おそらく自炊と外食合わせて50~80ユーロ、外食だけされる方は100ユーロ~200ユーロは必要かと思います。

・イタリア滞在時の過ごし方について
オーケストラの練習拠点となるManzoni劇場(新しいホール)の中の部屋で週3~4で1時~3時間レッスンを受けていました。レッスンの無い時間は希望して空き部屋で個人練習をしたり、同時期に行われていた別のオペラのリハーサルを見学させてもらっていました。基本的に13時~15時は昼休みの文化です。
リハーサル会場であるManzoni劇場があるボローニャ旧市街には、ホテルや貸アパートが多数あり宿泊先には困りません。また、旧市街の中心に警察署もあるためか治安は安定している印象でした。

・ボローニャでのレッスンやフィルの一員として参加したリハーサルはどうでしたか
レッスンでは自身の状態から改善に必要なメソッドの提案を受け、体の部分的に必要な使い方や右手(弓)の奏法の種類の多さを学び、指導頂いたヴィヴラートのメソッドでは、実際に演奏にも参加させてもらう事でハーモニーや表現力との関係を改めて意識させられました。技術的な面はもちろんですが、ボローニャフィルの魅力はハーモニーの素晴らしさであり、間近に見て聴いて学ぶ事も多かったです。

・オーディションを受ける方、検討されている方へひとことお願いします
通常の講習会とはまた違い、個人レッスンの時間に恵まれているため指導を受けてすぐに指導者と共に複数回共演できる点において、様々な経験を得る事ができると思います。また、留学に興味がありながら迷っている方にも良い経験になると思います。終わってから気づく事も多く、日本での公演期間も含め数週間程の経験でしたが数年分の経験に値するほどの価値があると感じました。

1504676

Bさんの場合

・滞在期間はどのくらいですか
オーケストラのリハーサル期間中に7日間滞在しました(9/12成田発~9/20ボローニャ発)

・費用はいくらかかりましたか
約160,000円
◆内訳(参考)◆
渡航費:150,000円
宿泊費:なし(知人宅に宿泊したため)
食 費:約7,000円(€60)
交通費:約4,700円(€40)
知人宅に宿泊できたので宿泊費はかからなかったがその分移動のバス代がかかりました。
ボローニャフィルの関係者の方に、劇場近くのマンスリーやウイークリーを紹介していただくこともできます。

・イタリア滞在時の過ごし方について
今回は滞在が短かったため、フィルが来日してからも日本で2時間×3回のレッスンをお願いしました。
イタリア滞在中はオーケストラの曲についてアドバイスを受けたり、オフの日は美術館・博物館・コンサート・世界遺産都市に行きました。

・ボローニャでのレッスンやフィルの一員として参加したリハーサルはどうでしたか
イタリアのManzoni劇場で弾けることは素晴らしい経験でした。リハーサルではパート・セクション・オーケストラ全体で意見を出しながら、そして聞きながら、マエストロと一緒に音楽をつくる一体感がありました。

・オーディションを受ける方、検討されている方へひとことお願いします
弦楽器の方にとってイタリアで勉強するイメージはあまり無いかもしれませんが、ボローニャフィルは首席をはじめ皆さんが音楽的・人間的に素晴らしい方ばかりで、得るものも沢山あります。迷っている方はぜひ受けることをお勧めしたいです!

注意事項

※申込書類の返却はいたしません。
※審査結果の個別のお問い合わせに関しましては、応じかねますので予めご了承ください。
※オーディション参加のための費用は、全て本人負担とします。

個人情報の取り扱いについて

  • 当財団がオーディション受講者から申込時に取得した個人情報は、選考の目的のみに使用いたします。
  • 当財団は、演奏審査を含めた当日の模様の録音・録画等を行うことがあります。当該録音・録画に含まれる肖像・音声等については、当財団の活動記録及び広報・プロモーションの目的で使用します。
  • オーディション受講者は、当財団が肖像・音声を無償で使用することを承諾した上で、オーディションに申込いただきます。

応募要項・申込方法

下記の申込フォームより、お申込下さい。

【申込フォームにて必要な事項】

  • 申込者の詳細[氏名・電話番号・現住所・性別・生年月日・年齢・Eメールアドレス・最終学歴]
  • オーディションに関しての情報[希望楽器・演奏曲・志望動機]
  • 添付書類[顔写真]
申し込みにはGoogle アカウントが必要です。アカウントをお持ちでない方は、Google のアカウント取得をしてください。

※応募前にかんたんエントリーを済ませてください。

審査員(ボローニャフィルハーモニー管弦楽団首席)

エマニュエル白黒

エマヌエレ・ベンフェナーティ(Vn)

ボローニャ出身。イタリア、フランス、スイスにて学び、キジアーナ音楽院より奨学金を受け優秀な成績で卒業。国内外の国際コンクールにて、多くの最高位を受賞。1989年には、ボローニャ歌劇場管弦楽団のコンサートマスターとして正式に就任。デッカ・レーベルより発売のシャイー指揮「ヴィヴァルディ/2台のヴァイオリン協奏曲」ではF.グッリと共演、その他多数のレコーディングにソリストとして参加。グッリ、カントロフ、ヴァレーズ、シュナイダーハン等の各氏に師事。「Accademia Filarmonica di Bologna」(ボローニャ・音楽家団体)名誉会員。ミラノ・スカラ座管弦楽団のコンサートマスターとして2018年に招聘される。

ダヴィデ・ドンディ

ダヴィデ・ドンディ(Vn)

ボローニャ音楽院で勉強し、キジャーナ国際音楽アカデミーにてさらに研鑽を積む。ミラノ、ジェノバ、ボローニャなどの一流オーケストラコンクールで入賞。ウィーンフィルハーモニーやヴェネツィアフェニーチェ劇場とは首席奏者として共演し、ムーティ、ティーレマン、パヴァロッティといった世界的指揮者や歌手などと共演。また、ペーザロ国際コンクールでは1位に入賞するという経歴を持つ。ソリストとしての活動や室内楽にも力を注ぎ、フランス、イギリス、ドイツ、ロシア、日本など様々な国で演奏。2014年よりジョヴァニーレオーケストラの責任者を務め、国内外で脚光を浴びる。ボローニャ市立歌劇場、ボローニャフィルハーモニー管弦楽団にて首席奏者を務める。

ヴィオラ/ダニエル・フォルメンテッリ

ダニエル・フォルメンテッリ(Va)

ヴェローナの音楽院を最高得点で学位を取得。その後、キジャーナ音楽学校や、ポルトグルアーロの音楽学校にて研鑽を積む。ピエトラ・リグレの国際コンクールにて第1位、ヴィットーリオ・ヴェネトのコンクールにて第1位を受賞する。2001年以降、ヴェネツィアのフェニーチェ歌劇場管弦楽団、リヨン国立オペラ管弦楽団などに所属し、2016年よりボローニャ歌劇場管弦楽団の首席奏者を務めている。ソリストとしては、2010から2011年フェニーチェ歌劇場にてバルトークの協奏曲(指揮:ミシェル・タバシュニク)を演奏。近年では、頻繁にリヨン音楽院、ヴェネトの若手オーケストラやスピリンベルゴオーケストラなど、レベルの高い講習会に客員教授として招かれ、オーケストラの指導も行っている。

チェロ/エヴァ・ツァーン

エヴァ・ツァン(チェロ)

2008年よりボローニャ歌劇場管弦楽団の首席チェロ奏者を務める。バーゼル音楽学校を最高得点で卒業。Jugend musiziertコンクールで第1位となり、Fulbright Commissionの奨学金を得る。ソリストとしては、ボローニャ歌劇場管弦楽団、il FontanaMIXアンサンブルと共演し、ボッケリーニ、ショスタコーヴィチなどの作品を演奏。室内楽では、マキシム・ヴェンゲーロフやレオニダス・カヴァコスと共に、ヨーロッパはじめ、日本、南アメリカなどで活動を広げる。現代音楽の作曲家や 「イエス・キリスト最後の七つの言葉」で知られるソフィア・グバイドゥーリナらと共に多数のコンサートで新作を披露。イタリアのオペラフェスティバル、宮崎音楽祭などに客演として招かれ、マーラー室内管弦楽団、チューリッヒ歌劇場オーケストラと共演。

102ec68d06a433b07d3d5e30207a9921-300x300

ファビオ・クァランタ(コントラバス)

ローマ・サンタ・チェチーリア音楽院にて、マッシモ・ジョルジョ氏にコントラバスを学び最高得点でディプロマを取得。後に、カターニア・ベッリーニ劇場とパレルモ・マッシモ劇場のオーディションを通過、2001年にパレルモ・マッシモ劇場のコントラバス首席奏者に就任し、2013年まで務める。サンタ・チェチーリア音楽院管弦楽団、スイス・イタリアーナ管弦楽団、ボローニャ歌劇場管弦楽団など、有数の音楽団体と共演。また、ソリスティ・ディ・パルマ、フィアーティ・ディ・パルマ、アンサンブル・アルキなどの著名なイタリアの室内楽にも参加。2013年6月よりボローニャ歌劇場管弦楽団及び、ボローニャフィルハーモニー管弦楽団のコントラバス首席奏者として活躍中。

応募要項・申込方法

下記の申込フォームより、お申込下さい。

【申込フォームにて必要な事項】

  • 申込者の詳細[氏名・電話番号・現住所・性別・生年月日・年齢・Eメールアドレス・最終学歴]
  • オーディションに関しての情報[希望楽器・演奏曲・志望動機]
  • 添付書類[顔写真]
申し込みにはGoogle アカウントが必要です。アカウントをお持ちでない方は、Google のアカウント取得をしてください。

※応募前にかんたんエントリーを済ませてください。