2015年度 合格者

2015年度 イタリア留学助成金 奨学生プロフィール

Kaoruko_Kanbekakudai

神戸 薫子〈ソプラノ〉

桐朋音楽大学卒業。二期会マスタークラス修了。
イタリアに留学前にもロンドンでオーケストラと共演するなど、海外での演奏活動も積極的に参加している。主なレパートリーは「椿姫」ヴィオレッタ、「トゥーランドット」リュウ、「ジャンニ・スキッキ」ラウレッタ、「ラ・ボエーム」ネッダなど、色気のある役を得意としている。今後は以前から考えていたオペラによる魂の表現方法を輸入し、日本の音楽世界にも発信していきたいです。これからも日々イタリアと日本の文化・音楽・人間性の良さを学び・吸収し日本の誇りになれるような歌手になりたいと思います。公益財団法人さわかみオペラ芸術振興財団2015年度イタリア留学助成金奨学生。

岸 七美子

岸 七美子〈ソプラノ〉

東京藝術大学卒業、同大学院修了。卒業時に同声会章及びアカンサス賞、二期会研修所にて優秀賞及び奨励賞。日伊声楽コンコルソ2位、コンセールマロニエ2位、東京国際コンクール3位。11年ローマ留学。近年の活動では、15年群馬交響楽団70周年記念「蝶々夫人」蝶々夫人を演じる(指揮:三ツ橋敬子)。同年12月より渡伊、トリエステ歌劇場所属。同劇場コンサートに多数出演。同劇場「ノルマ」「リゴレット」(指揮:F.M.Carimiati)「夢遊病の女」(指揮:G.G.Calvo)「トゥーランドット」(指揮:吉田裕史)に出演。日本演奏連盟会員。二期会会員。公益財団法人さわかみオペラ芸術振興財団2015年度イタリア留学助成金奨学生。

竹之内 淳子

竹之内 淳子〈ソプラノ〉

リリコスピント。千葉県出身。東京藝術大学卒業、同大学院修了。イタリア政府奨学生。パルマ音楽院満点修了。第11回コンセール・マロニエ第3位、第35回イズマエーレ・ヴィルトリーニ国際コンクール第2位など、国内外にて入賞入選。「蝶々夫人」蝶々夫人、「トスカ」トスカ、「ラ・ボエーム」ミミ、「アイーダ」アイーダ、「フィガロの結婚」伯爵夫人などに出演。オペラが生まれた本場イタリアで真髄を学びたいと思い、留学を決意。イタリアはもちろん海外、日本でも歌っていきたいと思っております。
公益財団法人さわかみオペラ芸術振興財団2015年度イタリア留学助成金奨学生。

rinako_hara 1-1

原 璃菜子〈ソプラノ〉

東京藝術大学大学院修士課程修了。新国立劇場オペラ研究所第15期修了。
さわかみオペラ芸術振興財団の助成を受けてイタリアに留学。2016オルトーナ市で行われた第6回トスティ歌曲国際コンクールにて特別賞受賞。2017年1月トリエステのヴェルディ歌劇場の「魔笛」にて侍女1にてデビュー後、「ジャンニ・スキッキ」ラウレッタで出演。メンデルスゾーン作曲、音楽劇「真夏の夜の夢」にてソリストを務めた。2017年4月サウジアラビア・リアドで行われた日本・サウジアラビア「ビジョン2030」音楽交流事業のコンサート(ジャパン・フェスティヴァル・オーケストラ)にて、日本人初で女性初の歌手として公共の演奏会に出演。公益財団法人さわかみオペラ芸術振興財団2015年度イタリア留学助成金奨学生。

Yumeji_Matsufuji1-1

松藤 夢路〈ソプラノ〉

東京藝術大学声楽科卒業。同大学院修了。
在学中より小澤征爾、Ludovic Morlot、Peter Serkinなどと共演。2016年トリエステ・ヴェルディ歌劇場オペラ「ルイザ・ミラー」ラウラにてイタリアデビュー。在学中、来日する海外の歌手やオーケストラとの共演の場から、美しい音楽に触れ、本物を追求しようという思いになりました。世界で歌える歌手になれるよう挑戦を続けます。公益財団法人さわかみオペラ芸術振興財団2015年度イタリア留学助成金奨学生。

武井基治

武井 基治〈テノール〉

東京音楽大学声楽演奏家コース卒業。大阪芸術大学大学院に在学中。
2014年レッチェ・ポリテアマグレコ劇場の「トスカ」に出演。15年ボローニャ歌劇場日伊共同制作オペラ「蝶々夫人」に出演し、翌16年のオペラ「道化師」に日本人唯一のソリストとして出演。同年トリエステ・ヴェルディ歌劇場にて「ノルマ」「ルイザ・ミラー」「ラ・ボエーム」「椿姫」に出演。2017年11月にはトリエステ・ヴェルディ歌劇場シーズンのオープニング演目「エフゲニー・オネーギン」レンスキー役にてプリモテノールとしてデビュー。公益財団法人さわかみオペラ芸術振興財団2015年度イタリア留学助成金奨学生。

Munenaga_Terada1-1

寺田 宗永〈テノール〉

国立音楽大学声楽科卒業。二期会オペラスタジオ第42期マスタークラス修了。修了時に優秀賞受賞。第37回、第40回、第41回イタリア声楽コンコルソ入選。第12回“長江杯”国際音楽コンクール第2位、及びテノール特別賞を受賞。コーレ・カント主催「ラ・ボエーム」のロドルフォでデビュー(指揮:矢澤定明)。2010年5月ラトビア国立歌劇場シーズンプログラム「蝶々夫人」ゴロー役でヨーロッパデビュー。2014年2月〜3月の公演で 同役でイタリア トリエステ歌劇場に出演(指揮:Donato Renzetti)。桐朋学園大学 嘱託演奏員。二期会会員。公益財団法人さわかみオペラ芸術振興財団2015年度イタリア留学助成金奨学生。

加藤 史幸

加藤 史幸〈バリトン〉

東京音楽大学大学院音楽研究科声楽専攻独唱研究領域修了。二期会オペラ研修所修了。
第51回日伊声楽コンコルソ第1位。ローム・ミュージック・ファンデーション奨学生として渡伊。声楽をM.ジョッシ氏のもと研鑽を積む。故A.ゼッダ氏のマスタークラスに合格、ペーザロ・ロッシーニ・フェスティヴァルで行われた歌劇「ランスの旅へ」に出演。その他歌劇「ファルスタッフ」チェゼーナ・ボンチ劇場にてフォード役で出演。2016年再度渡伊、トリエステ・ヴェルディ歌劇場にて研修中。歌劇「リゴレット」シャルローネ役で出演。イタリア在住。二期会会員。公益財団法人さわかみオペラ芸術振興財団2015年度イタリア留学助成金奨学生。

継続:岸 七美子/原 璃菜子/武井 基治