さわかみ音楽家助成制度

さらなる高みに向かって進む音楽家の方へ
さわかみ音楽家助成制度

これまでに当財団の助成を受けたことがある方や、過去に主催した公演のなかで著しく実績を残した方を対象として、さらにステップアップし、世界で通用する一流の音楽家になってもらうための支援を行う制度です。
すでに海外で実績を残しつつあるものの、さらに活躍の場を広げるために支援を必要とされる方の中から選考を経て、本制度が適用されます。

 

概  要

【助成内容】
・イタリアをはじめとする諸外国へ音楽留学する者に、助成金を支給する。
・実力によっては、当財団オペラ公演に出演する機会が与えられる。
・留学先の国は自由に選択可能。希望があれば、当財団と親交のある歌劇場においてオーディション、出演等の機会を得ることができる。

【応募資格】
・当財団の留学助成制度を受けた経験がある者。または当財団の主催する事業で著しい実績を残した者。
・年齢、所属している団体等は一切考慮しない。

【選考のポイント】
(1)実技。一定の水準にあること。
(2)語学力。
(3)音楽家に必要と思われる資質(存在感、演技力等)を有する。
(4)世界のトップを目指すのに必要と思われる資質(意志力、成長力)を有する。
(5)将来、世界的な活躍が見込まれる。
(6)オペラ文化の振興に寄与する意思を有している。
(7)将来にわたり、芸術・文化の振興を図る意欲がある。
(8)当財団・選考委員と候補者との間に、利害関係(家族、子供、その他)がない。

【募集方法】
本助成制度に関する概要を確認のうえ、応募資格に該当する希望者は当財団まで直接連絡のこと。

【審査員】
利害関係のない国内外より招聘した音楽の専門家、見識者を審査員とする。実技だけでなく面接も行い、技術、意欲等の観点から公正な審査を行う。

【留学助成対象者の義務】
助成期間中・終了後に以下のとおりに報告書を作成し、提出する。
①  留学助成対象者は期間終了後に一本の報告書
②  一年の留学助成対象者は半年の報告書と年度末の報告書
また、その他定期的に活動報告を行うこと。

※「さわかみ音楽家助成制度」に関する質問、また、応募資格に該当し助成を希望をする方は、当財団までお問い合わせください。