ご挨拶

理事長挨拶

一期一会に生きる

まさか、オペラを手がけることになるなんて。
こんなにもオペラ事業にのめり込むことになるとは。

もともとクラシック音楽は好きだが、オペラには縁がなかったその男が、最近はオペラ文化を広める活動に、どんどんのめり込んでいっているのです。オペラのどこに魅せられたのですかって?
どうやら、「オペラが好きで好きで、オペラに生きている」といった人たちの、生きざまに魅せられたようです。

オペラといえば本場イタリアですが、イタリアのオペラ関係者との縁が急速に太く広くなっています。それがまた、すごく楽しいのです。なにしろ、彼らのオペラを愛する純粋さは、職人そのものです。ひたすら、良いものを手作りしていこうとする姿には崇高ささえ感じさせられます。

そういった「オペラの職人」たちとの接点が増すにつれ、ますますオペラに対するのめり込みが強くなります。それは歌手や演奏家たちだけではありません。指揮者、演出家、舞台監督、照明、衣裳といったオペラ関係者のいずれも、オペラが好きでたまらないのです。生活の糧を稼いでいくとかの次元を超えて、「たとえ食えなくても、オペラとともに生きていく」といった生きざまに、強く魅かれます。

そうはいうものの、芸術で生きていくというのは厳しい世界です。
いつでも、プロとしてのレベルというか実力が問われます。彼ら彼女らは技術的なレベルや芸術性の高さのみならず、人間性の豊かさや魅力といったものを磨き続けなければなりません。そういった厳しさなど無縁といった顔でして、日々をオペラとともに生きている。やはり本当にオペラが好きなんでしょうね。それでこそ、世界の舞台に立てるのです。

なにが、そうも彼ら彼女らをオペラに駆り立てるのでしょう?
オペラも音楽も、その時その場かぎりのものです。後には、影も形も残らない。ただ感動だけが観客の心に残る。そこに人生のすべてを賭けているわけです。そう、瞬間芸術というか空間芸術に生きていると言えましょう。そんな「オペラの職人」にとって、舞台はまさに命の発露です。彼ら彼女らからしますと、その日その晩コンサート会場にお越しの皆様が、期待で盛り上がってもらえればもらうほど、ますます気合が入ります。そこに、すごい一期一会が生まれます。

さわかみオペラ財団が本物のオペラを追求する狙いも、その一点です。
オペラが好きで好きでたまらないオペラ職人たちと、観客の皆様とが鳥肌の立つような感動で一体となった最高の一期一会をつくっていく。

これまた楽しからんやです。

portrait

澤上 篤人

1970年から74年までスイス・キャピタル・インターナショナルにてアナリスト兼ファンドアドバイザーとして活躍。その後、80年から96年までピクテ・ジャパン代表を務める。96年にさわかみ投資顧問を設立し、99年には日本初の独立系投資信託会社である さわかみ投信株式会社を設立。長期保有型の本格派投信「さわかみファンド」を運営し、日本における長期運用のパイオニアとして熱い支持を集めている。また、長期投資の先に広がる、文化・芸術・スポーツ・自然環境・社会問題など、自分が支援・応援したいものにお金を投じる「かっこいいお金の使い方」を提案。2016年6月3日にイタリア星勲章コメンダトーレ賞を受賞している。さわかみホールディングス株式会社代表取締役兼、さわかみ投信株式会社取締役会長。

芸術監督紹介

芸術監督紹介

メッセージ

まさか、オペラを手がけることになるなんて。
こんなにもオペラ事業にのめり込むことになるとは。

もともとクラシック音楽は好きだが、オペラには縁がなかったその男が、最近はオペラ文化を広める活動に、どんどんのめり込んでいっているのです。オペラのどこに魅せられたのですかって?
どうやら、「オペラが好きで好きで、オペラに生きている」といった人たちの、生きざまに魅せられたようです。

hirofumi-yoshida1-1

吉田 裕史

東京音楽大学指揮科、同研究科修了。ウィーン国立音楽大学マスターコース終了。文化庁派遣芸術家在外研究員として渡欧し、バイエルン歌劇場などにて研鑽を積む。2007年ローマ歌劇場カラカラ野外劇場公演にて「道化師」を指揮し、イタリアでのオペラデビューを飾る。その後、イタリア各地の歌劇場やプッチーニフェスティヴァルなどでの客演を重ね、2010年、マントヴァにてイタリアの歌劇場では日本人初の音楽監督に就任。2015年ボローニャ歌劇場首席客演指揮者に就任。近年では二条城での「蝶々夫人」を皮切りに、姫路と京都国立博物館における「道化師」、平城宮大極殿での「トゥーランドット」(ジャパン・オペラ・フェスティヴァル2016)、熊本城での「椿姫」(同2017)、名古屋城天守閣前における「トスカ」(同2018)、「蝶々夫人」(同2019)など、国際的水準の野外オペラ公演を成功に導いた。2010年、2018年に続き、2019年にはプッチーニ作品の殿堂であるプッチーニフェスティヴァルに招かれ「トスカ」を指揮し大成功を収める。2014年よりボローニャフィルハーモニー管弦楽団芸術監督を務め、2020年より首席指揮者を兼務。東邦音楽大学特任教授。2014年より公益財団法人さわかみオペラ芸術振興財団芸術監督。