【台本部門】第2回 日本語オペラ「MITSUKO」制作コンペティション

2020年1月8日

第2回 日本語オペラ「MITSUKO」制作コンペティション

【台本部門】

応募される方は、募集要項及びコンペティション概要をよく読み、ご理解いただいたうえでご応募ください

新型コロナウイルス感染拡大に伴う政府の緊急事態宣言が全国に拡大されたことを受け、作品を提出するための外出をなくすためにも、郵送での作品の提出は不要とします。作品はPDFデータのみメールにてお送りください。
すでに郵送で発送された方に関してましては大変申し訳ございません。
ご理解の程なにとぞよろしくお願い申し上げます。

なお、政府の緊急事態宣言の発令を受けて、弊財団では現在オフィス業務を縮小し、在宅勤務を実施しております。
お問い合わせにつきましては、お問い合わせフォームまたはinfo@sawakami-opera.orgまでご連絡をお願いします。※4/20更新

台本選考(第1次選考)結果発表

【選考結果】
台本選考通過者(優秀者)|該当者なし

【作品提出締切】
2020年5月8日(金)

【選考会】
・第1段階(5月11日~15日)
審査内容|提出された全作品を審査

・第2段階(6月16日~26日)
審査内容| 第1段階の選考で上位12名に選ばれた台本作家に対し、作品の修正を依頼。修正・再提出された作品を審査。

今回、残念ながら台本選考通過者は該当者がおりませんでした。
よって第2回 日本語オペラ「MITSUKO」制作コンペティションはここで終了といたします。
*台本選考通過者不在のため、作曲部門の募集は行いません。
*あらためて第3回 日本語オペラ「MITSUKO」制作コンペティションを開催し台本を募集いたします。募集要項の発表までしばらくお待ちください。

募集作品(台本選考)

当財団指定のプロット「MITSUKO」を原案とした日本語オペラの台本

応募資格/参加料金

  • 国籍、性別、年齢、学歴を問いません
  • 参加料無料

エントリー/作品提出<締切>

【エントリー締切】
2020年3月13日(金)午後5時まで

【作品提出期限】
PDF形式でのデータ提出締切:5月8日(金)午後5時まで
*印刷した原稿の郵送は不要です。(4/20更新)

賞金

  • 本台本選考を通過した場合、「台本選考通過作品」(最大5作品)として表彰し、各台本作家に賞金20万円を贈呈します(著作権譲渡料を含む)。
  • 最終選考にて最優秀に選ばれた台本作家に賞金250万円を贈呈します(著作権譲渡料を含む)。

※選考の結果、優秀な作品および最優秀作品に該当する作品が選考されない場合があります。尚、その場合は賞金の贈呈はありません。
※全て税込

下記を必ずご確認ください。

台本制作においての要望

*オペラの台本(リブレット)は美しい詩で構成されています。そこにはリズムがあり、韻を踏んでいたり、倒置法が使われていたりと、お芝居の台本や小説ではないことがわかります。
台本を執筆するにあたり、まずは現在も世界中で歌唱されているオペラのリブレットを参考にしてください。
特にプッチーニやヴェルディなどイタリアオペラ作品を研究してみるといいでしょう。歌詞の組み立て方、ト書きの使い方などには学ぶとこと大です。

*日本語の歌詞をオペラで歌う、日本語でオペラなんて無理だ、本当にそうでしょうか。
美しい日本語の響きに繊細で壮大なメロディーが溶け合うことができたのなら、きっと素晴らしい作品を創り上げることができるはずです。
例えば和歌や俳句、短歌、詩、童謡やわらべ歌、さらには声明などもいかがでしょう。日本が世界に誇る、日本語に特有の響きを活かした歌詞を創作してみて下さい。

*日本語の母音は「あ・い・う・え・お」の五つの母音から成るにもかかわらず、イントネーションやテンポの緩急、音色の変化や息遣いなどによって様々なドラマトゥルギーを表出することができます。そのオペラを聞いた帰りに思わず口ずさんでしまう、そんな魅惑的な歌を創作し、人の心に届く最高に感動的な音楽を生み出したいと願います。

*100年後も200年後も世界の人々に愛唱される感動のアリアを生み出すイメージを持ち続け、最高の台本をお待ちしております。

公益財団法人さわかみオペラ芸術振興財団
「MITSUKO」プロジェクト実行委員会
委員長 澤上 篤人

エントリー開始まで今しばらくお待ちください。

エントリーフォームより必要事項を入力の上、ご応募下さい。

事前エントリーは3月13日(金)午後5時で受付を終了しました。

台本部門スケジュール

  1. STEP1

[事前エントリー]

[事前エントリー]を済ませる。
エントリー締切:2020年3月13日(金)午後5時まで

  1. STEP2

[作品提出]

*募集要項(PDF)をよくお読みになったうえでご応募ください。

作品提出期限
PDF形式でのデータ提出締切:5月8日(金)午後5時まで
(4/20更新)

【作品送付先】
*印刷した原稿の郵送は不要です。(4/20更新)
mitsukoproject@sawakami-opera.org までお送りください。

公益財団法人 さわかみオペラ芸術振興財団
日本語オペラ「MITSUKO」プロジェクト実行委員会 宛

*注意
タイトル及びメール本文には必ずエントリーNoと氏名を記載してください
タイトル例:no120山田太郎 MITSUKO台本提出
*エントリーNo.120 山田太郎さんの場合

  1. STEP3

[台本選考(一次選考)]

【結果発表】2020年5月下旬~6月を予定
応募作品の中から、優秀作品を最大5作品を選びます。
優秀作品の執筆者に賞金が贈呈されます。
その後、その台本を一般公開し、作曲部門を開始します。

※日本語オペラコンペティションを「本コンペ」、公益財団法人さわかみペラ芸術振興財団を「当財団」といたします。

注意事項

  • 台本の執筆が複数の著作による共同制作の場合は「台本執筆に関わった関係者全員に募集要項の同意確認」を行った上、ご応募下さい。
  • 20歳未満の方は、本募集要項に対し保護者の同意を得た上でご応募下さい。また、契約締結時に保護者の著名が必要です。
  • 作品は、1人1作品のみ応募できます。複数人による共同制作の場合も1グループにつき1作品のみ応募できます。
  • 募集期間終了後に応募された場合は、選考の対象となりません。
  • 他者の権利を侵害しないようにご注意下さい。
  • 応募台本は、応募者自身が作成し、応募者自身が権利を有しているものに限ります。なお、以下に該当する作品は審査対象外といたします。
    ・本募集要項を遵守していないもの
    ・募集テーマから逸脱してると判断されたもの
    ・第三者が創作した著作物を複製、翻案、改変等して創作されたもの
    ・知的財産権、名誉、信用、肖像、プライバシー等の第三者の権利を侵害するもの、侵害のおそれのあるもの
    ・公序良俗に反するもの
    ・第三者に当該台本の権利を譲渡、利用承諾、管理委託又は信託しているもの
    ・その他、当財団が不適切と判断したもの
  • 当財団は、本コンペへの応募に際していただいた個人情報は本募集の目的以外には利用いたしません。
  • 最終的に最優秀作品として選ばれ、上演されたあとも無期限に指揮者や演出家などからの要望により作品を改定することがあります。

免責事項

  • 応募者は、自己の責任と負担において本コンペに参加するものとします。
  • 本コンペは、事前に何ら通告なく休止または中止する場合があります。
  • 当財団は本コンペに参加したこと、または参加できないことによって引き起された損害について、直接または間接的な損害を問わず一切責任を負わないものとします。
  • 本コンペに参加したこと、また参加ができないことにより発生した、応募者とその他の第三者との間で生じるいかなる紛争についても、当財団は免責されるものとします。
  • 当財団は、本募集要項を予告なく改訂、追加、変更することができるものとします。

準拠法と裁判管轄

  • 本コンペおよび本募集要項に関する事項には日本法が適用されます。
  • また、本コンペおよび本募集要項に関する当財団と応募者との間の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

台本(台本選考通過作品)

下記4名の作品の中から好きな作品を1つ選び、作曲してください。
なお、選んだ台本は作曲選考後に変更することができません。*作曲選考(一次選考)を通過した場合

1、平居 宏朗
2、角 直之
3、相原 夕佳
4、佐佐木 頼綱

1、平居 宏朗(Hiroaki Hirai)

2、角 直之(Naoyuki Sumi)

3、相原 夕佳(Yuka Aihara)

4、佐佐木 頼綱(Yoritsuna Sasaki)

公益財団法人さわかみオペラ芸術振興財団
日本語オペラ「MITSUKO」プロジェクト実行委員会