奏者の育成

奏者の育成

本物に触れる機会を提供し学ぶ
海外オーケストラと共演・マスタークラス開講

海外オーケストラと共演

海外オーケストラとの共演者を広く募集します。当財団の主催公演で海外オーケストラの一員として演奏する奏者をオーディションにより選考します。イタリアトップクラスのオーケストラであるボローニャフィルハーモニー管弦楽団との共演実績があります。海外の実力あるオーケストラと共演し「本物の演奏」に触れることで、演奏のテクニックだけではなく文化や言語など様々なことを学ぶことができます。
この機会を活かし、世界の舞台で活躍できる音楽家を目指してください。

ボローニャフィルハーモニー管弦楽団特別演奏会(ミューザ川崎・大ホール)

野外オペラ「蝶々夫人」(名古屋城天守閣前広場特設ステージ)

《参加者の声》

尼崎有実子(ヴァイオリン)

2018年度、2019年度共演者オーディション、マスタークラス参加
イタリアでのマスタークラス研修:2か月

2018年5、6月イタリア・ボローニャで行われた、ボローニャフィルハーモニー管弦楽団の首席奏者たちによるマスタークラスに参加しました。基本的な技術指導以外は、講師からアイデアを出してくださり、自身の受け取り方次第でいろいろな形に変化することができる特別なレッスンでした。私自身とても気になっていた、イタリア独特の右手の弓を動かすテクニックも実演してもらい、実りある時間を過ごすことができました。レッスンでは次から次へと楽曲を指導いただき「次は何の曲をやる?」と楽しそうに聞いてくださることが嬉しく、とてもモチベーションが上がりました。無事ディプロマ取得し、イタリア国内で開催されたボローニャフィルハーモニー管弦楽団のコンサートにも複数参加しました。名古屋城の野外オペラへの出演は、オーケストラ演奏では味わうことのできない、指揮、ソリスト、合唱など、舞台上の動き一瞬一瞬に感覚を集中し演奏するという楽しさがあり、とても格別です。周囲への感謝を忘れず、今後も勉強させていただきます。

ディプロマ取得時の受講生と講師の方々(前列左から)小野唯さん、尼崎有実子さん、久保田綾香さん(後列左から)エマヌエレ・ベンフェナーティさん、パオロ・マンチーニさん、ダヴィデ・ドンディさん

《共演オーディション実績》

2017年 合格者一覧
出演公演:ボローニャフィルハーモニー管弦楽団特別演奏会(サントリーホール)

2018年 合格者一覧
出演公演:野外オペラ「トスカ」(名古屋城天守閣前広場)
ボローニャフィルハーモニー管弦楽団特別演奏会(サントリーホール)

2019年 合格者一覧
出演公演:野外オペラ「蝶々夫人」(名古屋城天守閣前広場)
ボローニャフィルハーモニー管弦楽団特別演奏会(サントリーホール)

マスタークラスの開講(日本・イタリア)

海外オーケストラの首席奏者を指導者としたマスタークラスを開催。
実力ある首席奏者奏者から直接学ぶことで、演奏のテクニックを磨き、世界の舞台で活躍できる奏者になるための経験を積んでいただきます。また、当財団の主催公演で、首席奏者たちが所属する海外オーケストラとの共演を目指していただくこともできます。
マスタークラスは日本だけでなく、マンゾーニ劇場(イタリア・ボローニャ)でも開催しています。特に海外でのマスタークラスでは、首席奏者による特別カリキュラムが組まれ個々にきめ細かな指導を受けることができます。日本でのマスタークラスでは、アンサンブルなどのグループ指導実績もあります。

マスタークラスの様子(チェロ)|講師:フランチェスコ・マリア・パラッツォーリ

マスタークラスの様子(コントラバス)|講師:ファビオ・クァランタ

音楽家育成にかける思い

当財団では設立時より「世界で活躍できる音楽家」の育成を事業目的のひとつとし、力を入れてきました。
日本国内だけでなく世界の舞台で活躍できる実力を磨いてほしい。積極的にオーディションやコンクールに挑戦し、自分の力でチャンスを掴んでほしい。これらの想いから、私たちは「オペラ歌手の育成」と「奏者の育成」の2つの育成制度と「音楽活動のサポート」を行っております。
「オペラ歌手の育成」ではオーディションで選ばれた者に留学の機会を提供します。また「奏者の育成」では海外で活躍するオーケストラの首席奏者から直接指導を受ける機会と、海外オーケストラとの共演の機会を提供します。どちらの育成制度も一流の演奏に触れ学ぶことで、演奏技術だけでなく精神面も磨くことができます。実力を身に付けることで自身の力でチャンスを掴みとり、ぜひ世界の舞台で活躍していただきたいと考えております。
「音楽活動のサポート」では、こんなコンサートや音楽教室をやってみたい。海外のコンクールを受けてみたい等、音楽家の様々な想いや挑戦を経済的理由であきらめることなく実現させるための支援を行います。
今後もこれらの活動を通して、日本の文化芸術の向上に貢献できれば幸いです。

各種募集情報

ここではオーディションや助成金の募集など情報を案内しています。
あなたに合った募集情報を確認してください

新型コロナウイルス感染予防に関するお願い

この講座及び体験会は、政府、東京都の方針、公益社団法人全国公立文化施設協会のガイドラインを遵守して、参加者の安全と感染防止に十分配慮して実施いたします。
入場時の整列、体調確認、ご連絡先の確認等、ご理解ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

  • 混雑緩和のため、申し込み後にお送りするメールに記載された入場時間にお越しください。
  • 政府の方針に従い、参加されるみなさまの「お客様情報」をあらかじめ申し込みフォームより記入していただきます。
  • 37.5℃以上の発熱や咳・咽頭痛などの症状がある方の、参加はお控えください。
  • 講座・体験会への参加日2週間以内に、感染が引き続き拡大している国・地域への訪問歴がある方は、ご参加をお控えください。
  • 咳エチケット、手洗いや手指消毒にご協力ください。
  • マスク着用にてご参加いただきますようお願い致します。
  • 会場内では他のお客様との距離をできるだけ開けるように心がけ、会話は可能な限りお控えください。
  • 入室時に検温を行います。37.5℃以上の発熱があると認められた際は、入場をお断りいたします。
  • 万が一、無料体験会参加中に気分がすぐれないと感じた場合には、お近くのスタッフに声をかけてください。

受講規約

受講料について

  1. 受講料は前納していただきます。講座は定員になり次第、受け付けを締め切ります。
  2. 受講料には、資料代や、ピアニスト代(講座3のみ)が含まれております。
  3. 受講料は原則として返金いたしません。ただし、次の場合に限り返金いたします。
    ・ 初回講座より前に、転居や病気などやむを得ない事情で受講を取りやめる場合は、休業日を除く開講日前日の営業時間内までにお申し出ください。受講料から手数料1,000円(税込)を差し引いた額を返金いたします。
    ・講師の急病や事故、天災地変などのため、やむを得ず休講することがあります。その場合は補講を検討しますが、事情により補講ができない場合、休講分の料金を返金いたします。講座を1回も実施できなかった場合は、受講料の全額を返金いたします。
    ・新型コロナウィルス感染症対策により、やむを得ず受講できない方は、補講もしくはそ
    の回数分の返金を致します。

受講について

  1. 講師や他の受講者に迷惑をかける行為があると当財団が判断した場合は、受講をお断りする
    ことがあります。
  2. 教室内では携帯電話の電源をお切りいただくか、マナーモードにし、使用はお控えください。
  3. 講座の録音、録画、写真撮影はお断りします。
  4. SNS を含む他の媒体に講義内容を転載すること、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
  5. 教室内で喫煙、飲食はお断りいたします。(水筒・ペットボトル飲料除く)
  6. 貴重品はご自身で管理し、盗難等には十分にお気をつけください。教室・施設内での傷病や私物の毀損、盗難、紛失などについて、当財団では責任を負いかねます。
  7. 車いすのご利用や介助者を同伴し受講される場合は、事前にご相談ください。
  8. 当講座における、新型コロナウィルス感染症対策をご一読お願い致します。詳しくはこちらのページをご覧ください。
  9. 新型コロナウィルス感染症対策により、事前にご連絡した時間にお越しください。講座終了後は当財団スタッフの指示に従って退室してください。
  10. 災害発生等の緊急時には当財団スタッフの指示・誘導に従って落ち着いて行動してください。

個人情報の取り扱いについて

  • お申し込みの際、氏名、住所、電話番号などのお客様情報を記載頂きます。この情報は受講連絡のために使用致します。ご本人の同意がない限り第三者には提供致しません。ただし、新型コロナウイルス感染症に関して保健所より要請があった場合には、お客様情報の提示、共有させていただく場合もございます。
  • 個人情報の保護には規程を定め、紛失や漏洩などが発生しないよう積極的な安全対策を実施いたします。