2021年結果報告

「みんなの寄付」とは

国内外でクラシック音楽を中心に活動している音楽家のための助成制度です。
みなさまから募った寄付金を支援が必要な音楽家に届けることによって、経済的な理由に左右されることなく、自身の音楽活動(演奏、研鑽、普及など)に専念してほしいとの思いから、新しい助成のしくみをつくりました。また、助成金をすべて寄付金から給付することによって、支援者と音楽家を「寄付」というかたちでつなぎ、多くの人々を巻き込みながら、日本のクラシック音楽文化の発展・振興に寄与することを目的としています。支援については3か月に一度申請期間を設け、助成希望者を広く一般より公募します。申請後は選考委員会の厳正な審査を経て、助成者・助成金額等を決定します。

ご報告

この度は、「みんなの寄付」にご理解、ご協力を賜り厚く御礼申し上げます。
2021年秋期募集の寄付⾦は、皆さまからの温かいご声援を受け614,900円集まりました。
寄付金総額については、2021年夏期からの繰越分839,130円と合わせて1,454,030円となりました。
同時に音楽家の助成選考も行い、お寄せいただいた寄付金のうち310,000円を、選ばれた音楽家4名への助成金といたしました。
諸経費を差引き、残った1,133,970円は次回、2021年冬期の助成へ繰越となります。

2021年秋期募集 寄付および助成結果

収入 寄付金収入(6名様より) 614,900円
前期繰越金額 839,130円
合計 1,454,030円
支出 音楽家4名への助成 310,000円
運営諸経費※ 10,060円
合計 320,060円
差引(繰越金額) 1,133,970円
※運営諸経費は広報費用等。

2021年秋期活動紹介

Sato Yoh

佐藤 洋(さとうよう)

活動概要「ウィーンでも活躍する歌手3名とピアニスト1名によるクラシックコンサート」
助成金額:90,000円
活動詳細

♪メッセージ♪
この度、私どもの公演にご理解、ご支援をいただき誠にありがとうございます。
2021年7月22日に東京にて開催を予定していた私の初めての自主コンサートは、緊急事態宣言が発令されたため中止となってしまいました。
YouTube などの無料コンテンツに対して、コロナで敬遠される声楽のコンサート。あまりの逆風に、気持ちが沈んでいた時に「みんなの寄付」の存在を知り、このたび応募をしました。演奏者が空気を震わせて聴衆の耳に届く、無調性の生の音、二度と再生されることのない花火のような一度きりの生演奏の機会を皆様にご提供いただける事を本当に感謝しています。
ウィーンでも活躍する私たち三人の歌手と一人のピアニストによる公演(詳細準備中)を2021年12月18日としま区民センター小ホールにて開催します。音楽に詳しい人達だけではなく、どなたでも詩の意味や音楽の背景を理解していただけるように字幕や解説なども工夫し、また他のクラシックの演奏会にも興味をもっていただけるような公演にいたします。 一人でもクラシックのファンを増やすために、これからも前向きに取り組んで参ります。

Takeda Toshiyuki

竹田年志(たけだとしゆき)

活動概要「アルプス音楽団 若手女性チーム「ディアンドル」コンサート」
助成金額:70,000円
活動詳細

♪メッセージ♪
この度はこのような機会をいただきましてありがとうございました。
メンバー一同心より厚く御礼を申し上げます。
私たちの活動は、オクトーバーフェストなどのイベントでの演奏や学校公演そして幼稚園公演など、ただじっとして演奏を聞いていただくのではなく、音楽に合わせて体を揺らしたり民族楽器に挑戦したり、また踊ったりと音楽を体全身で体験できるコンサートを開催しております。
コロナがきっかけで思うような活動が全くできなくなりました。
コロナの影響とは言え、それでも私たちは歩みを止めるわけにはいきません。
今回このようなご協力をいただく事で、何とか前に進んでいくことができます。
また私たちのパフォーマンスを観てくださった皆様がハッピーになれるように、これをきっかけにさらなる前進さらなる飛躍を目指して皆様に心から楽しんでいただけるようなコンサートを展開して参りたいと思います。

Higuchi Takako

樋口貴子(ひぐちたかこ)

活動概要「フルート三重奏とサクソフォーン四重奏と朗読による公演と自身のソロリサイタル」
助成金額:100,000円
活動詳細

♪メッセージ♪
この度は私の企画にご賛同、ご支援を賜りましたことを心より感謝申し上げます。
今回、東京で行う「フルート三重奏とサクソフォーン四重奏、朗読によるクロスジャンル・コラボレーション」公演と、私自身のふるさとである静岡県伊東市で行う「フルートとピアノ」公演、計2つを予定しています。
新型コロナ感染症の拡大により、コンサートの機会が減少してしまいましたが、このような世の中だからこそ「音楽を伝えたい」という思いを新たにしています。そこで、誰にとっても親しみやすく気軽に楽しめるプログラムで、音楽に接する機会を広く保つこと、また、誰にとっても新しい体験となるような挑戦的な企画を実現すること、どちらの要素も大切ではないかと考えており、今回伊東市での公演を前者、東京での公演を後者に相当するものとしてそれぞれ企画しました。
皆様からのご支援にお応えできるよう、また、ご来場のお客様にもお喜びいただけるよう、充実した内容で両公演をお届けしたいと思います。

Harada Taro

原田太郎(はらだたろう)

活動概要「主催・東急財団 五島記念文化賞オペラ新人賞研修成果公演『ヘンゼルとグレーテル』」
※本活動は終了しております
助成金額:50,000円
活動詳細メッセージ動画

♪メッセージ♪
この度は私の研修成果発表オペラ公演「ヘンゼルとグレーテル」にご支援を賜り、心より御礼申し上げます。(※2021年9月19日開催)
東京のコロナウイルス感染者数が急激に増え、いつ公演が中止になってもおかしくはない状況の中で、多くの皆様にご協力いただき、公演を最後まで終えられたことに感謝いたしております。
開演前にはプレトークとして、作品解説やコレペティトールとしての作品に対するアプローチなどをお話しさせていただきました。また、今回の公演は二台ピアノ版を用いた「セミ・ステージ形式」という形で上演をさせていただきました。舞台上手にピアノ二台を置き、指揮台を舞台中心から少し上手側に設置することで、「ソリスト」「指揮」「ピアノ」を三角形に配置いたしました。ご来場いただいたお客様からは、普段見えない指揮者と歌手、ピアノのやり取りが見えて面白かった、というお言葉をいただくことができました。
今後もこれまでの経験を生かし、充実した音楽作りができるように日々精進してまいりたいと思いますので、何卒ご声援賜りますようよろしくお願い申し上げます。

2021年度 活動報告

春期活動報告

※寄付及びは助成結果は上記PDFをご確認下さい。

Yoh Otawara

大田原 瑶(おおたはらよう)

活動概要「イタリアオペラを子供たちへ伝えるアウトリーチ 」
助成金額:150,000円
活動詳細

Takahiro Maruyama

丸山貴大(まるやまたかひろ)

活動概要「Accademia di Teatro coccia(ノヴァーラ、テアトロコッチャ)での指揮者育成アカデミーの参加」
助成金額:100,000円
活動詳細

Akeo Minamikawa

南川朱生(みなみかわあけお)

活動概要「幼児・児童を対象とした小鍵盤とトイ楽器のコンサート&ワークショップ」
助成金額:129,400円
活動詳細

夏期活動報告

※寄付及びは助成結果は上記PDFをご確認下さい。

Misato Hanawa

塙 美里(はなわみさと)

活動概要「第二回パルマ国際サクソフォンコングレスに演奏者、講師として参加」
助成金額:100,000円
活動詳細

Masato Nitta

新田壮人(にったまさと)

活動概要「近江楽堂でのバロックアンサンブルコンサート」
助成金額:100,000円
活動詳細

Yoshiyuki Watanabe

渡辺善行(わたなべよしゆき)

活動概要「トロンボーンアンサンブルのリハーサル及びコンサート」
助成金額:200,000円
活動詳細メッセージ動画

Hashizume Shafikku Yoh Shamasu

橋詰シャフィック(はしづめシャフィック)

活動概要「17‐18世紀の音楽から見る ヨーロッパの旅シリーズ 3回公演(イタリア編、フランス編、ドイツ編)」
助成金額:90,000円
活動詳細

これまでの活動報告

税制上の優遇について

当財団への寄附金は、税法上の特定公益増進法人への寄附金として、個人・法人それぞれに税制上の優遇措置がございます。詳細は、所轄の税務署又は税理士などへお尋ねください。

【個人の方によるご寄附】
控除の方法は《税額控除》と《所得税控除》による方法がございます。
《税額控除》 下記算式より算出された額が、「寄附金控除」として、所得税から控除
(寄附金合計額-2,000 円)×40%=控除額

※年間所得額の 40%が限度となります。
※控除額は所得税額の 25%が限度となります。

《所得控除》 下記算式より算出された額が「寄附金控除」として、課税所得から控除
(年内に支出した特定寄附金の合計額-2,000 円)×所得税率=控除額

※年間所得額の 40%が限度となります。

《住民税》
当財団は、一部自治体の個人住民税、相続税についても優遇措置の対象となります。

【法人様によるご寄附】
一般寄附金の損金算入限度額(※1)とは別枠で、特別損金算入限度額(※2)の寄附金として損金算入することが認められています。

※1 一般の寄附金にかかる損金算入限度額
(資本金等の額等×0.25%+所得の金額×2.5%)×1/4

※2 特定公益財団法人に対する寄附金にかかる損金算入限度額
(資本金等の額等×0.375+所得の金額×6.25%)×1/2

当財団の寄付について

当該事業に100%助成
※なお、当該事業に必要となる適正な募集経費等を、受け入れた寄付金より一部充当いたします。

<税金控除について>
●公益財団法人さわかみオペラ芸術振興財団は、内閣府より2017年2月27日より税額控除の資格を有する「公益財団法人」として認定されました。寄付金は、税法上の特定公益増進法人への寄付金として、個人・法人それぞれに税制上の優遇措置がございます。

<領収書について>
●入金が確認でき次第、一緒にお送りいたします。入金から1カ月過ぎても領収書が届かない場合は、お手数ですがご連絡いただきますようお願い致します。