「みんなの寄付」TOP

2020年冬期募集 支援状況の報告(9/11~現在)

支援総額:230,820円
(うち171,820円は秋期分より繰越)

支援者数:3名

※2020年秋期分までの寄附金および助成者に関する結果の詳細は、こちらからご覧いただけます。

音楽家へのエールを寄付として届けます。

※寄付を検討されている方はこちらへ
※支援を受けたい方はこちらへ

「みんなの寄付」とは

国内外でクラシック音楽を中心に活動している音楽家のための助成制度です。
みなさまから募った寄付金を支援が必要な音楽家に届けることによって、経済的な理由に左右されることなく、自身の音楽活動(演奏、研鑽、普及など)に専念してほしいとの思いから、新しい助成のしくみをつくりました。また、助成金をすべて寄付金から給付することによって、支援者と音楽家を「寄付」というかたちでつなぎ、多くの人々を巻き込みながら、日本のクラシック音楽文化の発展・振興に寄与することを目的としています。支援については3か月に一度申請期間を設け、助成希望者を広く一般より公募します。申請後は選考委員会の厳正な審査を経て、助成者・助成金額等を決定します。

代表挨拶

「みんなの寄付」で、音楽家を育てていこう

音楽家のほとんどは、苦しい生活に耐えながらも日々の修行に励んでいます。
どんなに厳しい境遇にあろうと、芸術を志す者に甘えや妥協は許されません。
常に、より高みを求めてやまない。それでこそ、本物でしょう。
すべて自分との闘いと覚悟している彼ら彼女らですが、「ここで10万円とか30万円あれば、こんなコンサートや発表会ができるのに」と、切歯扼腕することもしばしばです。
そういった前向きの挑戦には、温かい支援があってもいいだろう。
それが、「みんなの寄付」です。
ずっと磨き込んできた音楽芸術を世に問うチャンスは、できるだけ与えてあげたいものです。
多くの聴衆の感動や批判にさらされてこそ、彼ら彼女らは一層の進化を遂げられます。
また、われわれもより高い音楽芸術を身近で堪能することができるのです。
そう、「みんなの寄付」でもって音楽家を育てつつも、日本の音楽文化を高めていこうではありませんか。

公益財団法人さわかみオペラ芸術振興財団
理事長 澤上篤人

支援の内容

助成対象者は選考委員会による厳正な審査を経て決定し、一回の助成につき最大30万円の支援を行います。
みなさまからの寄付は、音楽家たちの新たなる挑戦や磨き上げてきた自分たちの芸術を披露する大いなるチャンス(例 レッスン費、会場費、楽器代等)に活用されます。それにより日本のクラシック音楽の水準をより引き上げ、音楽文化の豊かな未来をつくります。

支援対象となる音楽家について

・定められた「支援する対象者」となる者
・1次、2次の審査に合格した者
・選考時期3か月を設け支援対象者を決める

支援のしくみ(お金の流れ)

寄付の受付(随時)
支援者 -1,000円→ 音楽家

当該事業に100%助成
※寄付金から手数料や運営費など差し引くことはありません。

寄付方法

<お申し込み>
お申し込みはメール、電話またはホームページ内にて受け付けています。

▽お電話・メールでお申込みの方
下記電話番号またはメールアドレスよりお問合せください。
折り返し、「寄附金申込書」と振込み口座等のご案内をお送り致しますので「寄附金申込書」に必要事項をご記入のうえ、ご返送ください。

電話|0570-023-223 平日10時~17時(土日祝休)

メール|info@sawakami-opera.org

郵送先|
〒102-0082 東京都千代田区一番町29-2 進興ビル4階
公益財団法人さわかみオペラ芸術振興財団「みんなの寄付」担当

▽ホームページよりお申込みの方
「みんなの寄付」専用申込フォームより必要事項をご記入の上、お申込みください。
※「みんなの寄付」への寄付ご希望の旨、お知らせください。

<お振込先>
必ず先に申し込みを済ませたうえでのお振り込みをお願いします。

寄付は銀行振込にて承っております。いずれかの銀行へお振込みください。
また、寄付金の入金確認後、領収書を発送いたします。

銀行名 みずほ銀行
支店名 銀座
口座種別 普通
口座番号 4033534
口座名 ザイ)サワカミオペラゲイジュツシンコウザイダン

銀行名 三井住友銀行
支店名 麹町
口座種別 普通
口座番号 9378856
口座名 ザイ)サワカミオペラゲイジュツシンコウザイダン

銀行名 三菱UFJ銀行
支店名 麹町
口座種別 普通
口座番号 0327097
口座名 ザイ)サワカミオペラゲイジュツシンコウザイダン

税制上の優遇について

当財団は、内閣府より税額控除の資格を有する「公益財団法人」として認定されました。当財団への寄付は「所得控除」もしくは「税額控除」のどちらかを選択いただくこともできます。
寄付金は確定申告をすることにより税制優遇措置を受けることができます。

<税額控除>
下記算式により算出された額が「寄付金控除」として、所得税から控除
(寄付金合計額-2,000円(※1)×40%=税額控除額(※2)

<所得控除>
下記算式により算出された額が「寄付金控除」として、課税所得から控除
(寄付金合計額(※1)-2,000円)=所得控除額

※1年間所得額の40%が限度となります。
※2控除額は所得税額の25%が限度となります。

当財団の寄付について

当該事業に100%助成
※なお、当該事業に必要となる適正な募集経費等を、受け入れた寄付金より一部充当いたします。

<税金控除について>
●公益財団法人さわかみオペラ芸術振興財団は、内閣府より2017年2月27日より税額控除の資格を有する「公益財団法人」として認定されました。寄付金は、税法上の特定公益増進法人への寄付金として、個人・法人それぞれに税制上の優遇措置がございます。

<領収書について>
●入金が確認でき次第、一緒にお送りいたします。入金から1カ月過ぎても、領収書が届かない場合はお手数ですが、オペラ財団までご連絡いただきますようお願い致します。

音楽家への応援メッセージ

自分を信じて夢を追い続けることを忘れないで!

誰もができない事を全力で人生をかけて挑戦し続ける音楽家は本来、もっとリスペクトされるべき存在です。常に未来を思い描いて希望を持ってください。その未来のためにする努力は決して無駄にはなりません!
皆さんの未来が文化を、日本を豊かにするでしょう!

(音楽家の皆さんへ)
音楽は、私たちの心に直接触れ、生きる喜びを与えてくれます。
ぜひ、夢と希望であふれる音楽を次世代までつないでいってください。

私の趣味は舞台鑑賞やオーケストラの演奏を聴きに行くことなのですが、新型コロナウイルスが国内で広がりだして4か月もの間、予定していた舞台は相次いでキャンセルになってしまいました。
それは、同時に素晴らしい演奏で私を楽しませてくれていた音楽家の皆さんが大変な状況になっているということ。
微力ながらどこかで、何か力になりたいと思っていました。
日本の音楽家、演奏家の皆さんの心の火が途絶えることが無いよう、新しい生活を受け入れることになっても、皆さんの活動を止めることが無いよう、これからも応援していますので、どうか頑張ってください。

私は音楽が大好きです。 良い音楽はやっぱりいいんです。
聴けば鳥肌が立つし、感動して涙が出ます。
今は大変な時だと思いますが、どうか負けないでください。
ぜひいい演奏を聴かせてください。
応援しております!

In Gamba! Corraggio!
こういう時期こそ音楽の力が重要です。がんばりましょう!

素敵な音楽に浸る時間が必要なんです。いつもありがとう。

こんな時だからこそ、文化芸術は理論や理屈を超えて人々の心を支えてくれるものだと切実に感じています。
音楽を通じて元気を届けてくださる皆さまには感謝の気持ちでいっぱいです。少しでも多く活動の機会に恵まれるよう応援しております。

いつも演奏会等、楽しませて頂いています。
大変な時かと思いますが、頑張って下さい。また素敵な演奏を聴ける日を楽しみにしております。

音楽は心の活力、人生の活力となるものです。
気持ちが沈んだ時に音楽を聴くと、また頑張ろうって思えたり。
そんな素晴らしい力を持った音楽を届けるために、日々の努力を続けている音楽家の皆さん。
「みんなの寄付」で応援しますので、皆さんの追い求める音楽を聴かせてください!

こんな時こそ音楽が必要でしょう。
暮らしの形が変わっても、きっと皆と楽しめる日が来ると思います。その時を楽しみにしています。
皆さまも体に気をつけてお過ごしください!!

先日インターネット配信で音楽会を拝見しました。とても良い演奏だったと思います。わずかですが寄附金をお送りします。いつかホールでのコンサートを拝見できるのを楽しみにしています。

素晴らしい音楽を聞かせていただける日を楽しみに、ささやかですが応援いたします。

音楽の無い世界は考えられません。
心の安まる素敵な音楽をこれからも多くの方に届けて下さい。

寄付者

公表を希望された方のみ掲載しております(敬称略・順不同)

In Gamba! Corraggio!
こういう時期こそ音楽の力が重要です。がんばりましょう!

素晴らしい音楽を聞かせていただける日を楽しみに、ささやかですが応援いたします。

音楽家の現状

音楽家に現在の現状を伺いました。

Aさん

Q. 緊急事態宣言が出される前と後の変化があれば教えてください
A. 月平均20公演、レッスンも含め全ての仕事がなくなってしまいました。その後オンラインレッスンなどは再開しましたが、環境は良くないので出来る内容が限定されてしまいます。
Q. 今困っていること(生活ではなく、音楽家として困っていること)を教えてください。
A. ライブでのアンサンブル(オーケストラ含む)は練習ですら無いので、その感覚が鈍るのが 怖いです。ホールで演奏していないので、音の響かせ方が狭くなっている気がします。
Q. 助成対象者に選ばれた場合、助成金はどんなことに使いたいですか。
A. ホールや広いスタジオなどで練習がしたいです。仲間と共にホールで練習し、ホールで演奏する感覚を早く取り戻したいです。

Bさん

Q. 緊急事態宣言が出される前と後の変化があれば教えてください。
A. オーケストラの仕事は再開の見通しが立ちません。また、予定していた海外の奏者によるレッスンも受けることができませんでした。
Q. 助成対象者に選ばれた場合、助成金をどんなことに使いたいですか。
A. 演奏会やリハーサルのためのホールレンタル費用や、マスタークラス費用にあてたいです。
Q. 今困っていること(生活ではなく、音楽家として困っていること)を教えてください。
A. 本番がなくなることで練習のモチベーションが保つのが難しいです。また、毎日同じ広さの、あまり響かない部屋でしか演奏することができません。大きめの場所での練習がしたいです。

Aさん
Q. 緊急事態宣言が出される前と後の変化があれば教えてください。
A. 月平均20公演、レッスンも含め全ての仕事がなくなってしまいました。その後オンラインレッスンなどは再開しましたが、環境は良くないので出来る内容が限定されてしまいます。

Q. 今困っていること(生活ではなく、音楽家として困っていること)を教えてください。
A. ライブでのアンサンブル(オーケストラ含む)は練習ですら無いので、その感覚が鈍るのが 怖いです。ホールで演奏していないので、音の響かせ方が狭くなっている気がします。

Q. 助成対象者に選ばれた場合、助成金はどんなことに使いたいですか。
A. ホールや広いスタジオなどで練習がしたいです。仲間と共にホールで練習し、ホールで演奏する感覚を早く取り戻したいです。

Bさん
Q. 緊急事態宣言が出される前と後の変化があれば教えてください。
A. オーケストラの仕事は再開の見通しが立ちません。また、予定していた海外の奏者によるレッスンも受けることができませんでした。

Q. 助成対象者に選ばれた場合、助成金をどんなことに使いたいですか。
A. 演奏会やリハーサルのためのホールレンタル費用や、マスタークラス費用にあてたいです。

Q. 今困っていること(生活ではなく、音楽家として困っていること)を教えてください。
A. 本番がなくなることで練習のモチベーションが保つのが難しいです。また、毎日同じ広さの、あまり響かない部屋でしか演奏することができません。大きめの場所での練習がしたいです。

ありがとうメッセージ

支援を受けた者からのメッセージを掲載

支援対象者

【第1回】2020年〇月

山田 太郎 30万円
佐藤 花子 20万円

賛助会員 [個人]

柴 洋二郎 様 / 萩野 源次郎 様 / 谷郶 龍二 様

中井 朱美 様 / Y.INOUE 様 / 植田  貴世子 様

伊藤 八千代 様 / 守田 正樹 様 / 丸山 孝 様

Y.N 様 / 山本 亮二郎 様

活動報告

助成対象者の活動報告

「みんなの寄付」とは

国内外でクラシック音楽を中心に活動している音楽家のための助成制度です。
みなさまから募った寄付金を支援が必要な音楽家に届けることによって、経済的な理由に左右されることなく、自身の音楽活動(演奏、研鑽、普及など)に専念してほしいとの思いから、新しい助成のしくみをつくりました。また、助成金をすべて寄付金から給付することによって、寄付者と音楽家を「寄付」というかたちでつなぎ、多くの人々を巻き込みながら、日本のクラシック音楽文化の発展・振興に寄与することを目的としています。支援については3か月に一度申請期間を設け、助成希望者を広く一般より公募します。申請後は選考委員会の厳正な審査を経て、助成者・助成金額等を決定します。

美しい音楽が町のあちこちで響いてくる、心豊かで彩りある未来を子供たちに残すために。
一緒に豊かな未来を守りませんか?
みなさまの温かいご支援をよろしくお願いいたします。

※募集開始までお待ちください。

日本の音楽文化を育て豊かな未来を守る

(仮の文章です)

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により、コンサートホールは閉鎖され、予定されていた公演がどれもこれも中止となりました。 音楽家たちの活動の場はなくなり、私たちもまた生の演奏を聴く機会がなくなりました。 日常から音楽が消えたのです。あの日から、日本中のだれもが不安な日々を過ごしてきました。
活動の場をなくした音楽家たちは自らの演奏をネット上にアップし、ある者は歌い、ある者はヴァイオリンを演奏し、たくさんの人々を孤独から救い、励まし、勇気づけました。
しかし、それで生活はできません。 音楽家たちの収入は断たれたまま。 いまなお窮地に立たされております。
このままでは、日本の音楽の文化を担う者たちが、いなくなってしまうかもしれない。このままでは、日本の音楽の灯が消えてしまう。 そういった危機感は、もっともなことです。 現に、フランスやドイツなど欧米では芸術家に対する手厚い生活補助が出ていると聞きます。ただ、これはコロナ問題に限らず、古今東西いつでも芸術を志す人たちに課される試練とも考えられます。 本物だけが生き残っていく芸術の世界の厳しさです。 もともと、ほんの一部のトップ演奏家や歌手たちを除くと、ほとんどの音楽家たちは厳しい生活を強いられながらも、懸命に音楽修行に励んでいます。 どんな環境下にあろうとも、より高みを目指してやまないのが本物の芸術家です。そこに甘えは許されず、なにがなんでもあらゆる試練に耐え、乗り越えていかなければなりません。そんな中、さわかみオペラ財団では音楽家の活動を支援する助成制度をはじめます。なにか新しいことをはじめようとすると、どうしてもお金がかかります。たとえば演奏会を企画したり、ホールを借りたりで、「いまここに10万円あれば、こんな挑戦ができるのに、こんな発表会ができるのに」で、歯がゆい思いをする時もしばしばです。そんな彼ら彼女らに、3か月に一度のペースで「みんなの寄付」が届けられれば、きわめて価値のある支援となります。たとえば、5億円ほど集まれば、延べで5000名もの音楽家たちの活動をサポートできるのです。音楽芸術に身も心も捧げている彼ら彼女らに、新たなる挑戦や磨き上げてきた自分たちの芸術を披露する、大いなるチャンスを与えてあげられます。支援の対象は、一定のレベル以上の実力を有し、思いや志の高い演奏家や歌手たちを広く公募し、公正に審査します。 そして、すべての助成先と内容ならびに金額は、さわかみオペラ財団のHP上で公表します。 「みんなの寄付」が、こんなにも立派な活動支援となっているのかを世に知らしめて、一層の寄付を募りたいと考えます。こういった寄付文化を高めていけば、もっともっと大きな芸術支援に発展してくはずです。いまここで、本物を目指してやまない音楽家たちの活動を支援し発展させていくことは、
日本の音楽文化を育て豊かな未来を守ることにつながるのです。 未来は自分たちの手で築いていかなければなりません。 美しい音楽が町のあちこちで響いてくる、心豊かで彩りある未来を、子供たちに残してあげたいものです。
「みんなの寄付」は、いくらからでも歓迎です。幸い、さわかみオペラ財団は公益財団ですので、2000円を超す寄付には40%強の税控除が受けられます。
公益財団法人さわかみオペラ芸術振興財団
理事長 澤上篤人

支援のしくみ(お金の流れ)

寄付の受付(随時)
支援者 -1,000円→ 音楽家

当該事業に100%助成
※寄付金から手数料や運営費など差し引くことはありません。

支援の内容

支援対象者は選考委員会による厳正な審査を経て決定し、一人につき最大30万円の支援を行います。
みなさまからの寄付により、音楽家たちに新たなる挑戦や磨き上げてきた自分たちの芸術を披露する大いなるチャンス(例 練習できない、会場が借りられない、演奏会を企画したいなど、お金がないためにできず、諦めなければならないことに挑戦するチャンス)を与えることができます。それにより日本の音楽文化の発展と振興に寄与し、日本のクラシック音楽文化の水準の低下を防ぐことができます。また、それは日本の音楽文化を育て豊かな未来を守ることにつながります。

支援対象となる音楽家について

・定められた「支援する対象者」となる者
・1次、2次の審査に合格した者
・選考時期3か月を設け支援対象者を決める

当財団の寄付について

「みんなの寄付」は全額が寄付として100%を音楽家の助成費とします。助成費とは、音楽家が事業や目的を達成するための費用です。

税金控除について
公益財団法人さわかみオペラ芸術振興財団は、内閣府より2017年2月27日より税額控除の資格を有する「公益財団法人」として認定されました。寄付金は、税法上の特定公益増進法人への寄付金として、個人・法人それぞれに税制上の優遇措置がございます。確定申告で、会員費の40%前後が戻ります。※所得によって個人差があります。

領収書について
入金が確認でき次第、会員証と一緒にお送りいたします。入金から2週間過ぎても、会員証が届かない場合はお手数ですが、オペラ財団までご連絡いただきますようお願い致します。

会員特典

会員証の発行

さわかみオペラ芸術振興財団「Opera Amici」会員様限定の、オリジナル会員証を発行いたします。※会員証は毎年更新です。

チケット先行予約販売

どこよりも早く、さわかみオペラ財団主催公演チケットの予約購入がインターネット、またはお電話にてできます。

会報誌の発行<年数回/不定期>

会報誌「sawacammino」の配布。オペラ出演者インタビュー記事や、さわかみオペラ財団の活動情報が満載!

チケットを会員価格でご案内

さわかみオペラ財団主催公演チケットを会員価格にてご案内いたします。※賛助会員のみの特典となります。

メールマガジンの配信

チケット販売の情報やイベント企画など、最新情報をいち早くお伝えいたします。※メールアドレスご登録者のみ。

イベント企画への優先案内

オペラ歌手やオーケストラメンバーとの懇親会や特別公演イベントなどへの優先案内をいたします。

税制上の優遇措置

さわかみオペラ財団への寄付および会費は、特定公益増進法人への寄付金として税制上の優遇措置があります。

ノベルティの配布

Opera Amici会員の方しか手に入らない、さわかみオペラ財団限定のノベルティを配布いたします。

ジャパン・オペラ・フェスティヴァルとして日伊国際共同制作オペラを企画公演

世界最高水準のオペラを日本へ招聘し、全国各地できるだけ多くの人々に本場のオペラを楽しんでいただく。誰にでも手が届く価格帯の席を多数用意して、初めての方々にも「オペラってこんなに楽しいものか」を実感してもらう。なお、日本が誇る歴史的建造物を借景とした野外オペラは唯一無二で、世界から高い関心を集めている。

若手オペラ歌手や演奏家を世界に!

公開オーディションを実施して、才能を秘めた歌手や演奏家を発掘し、世界に羽ばたけるよう育成しています。若い才能には、次々とオペラの本場イタリアの主要歌劇場に送り込み、世界中から集まってくる俊秀たちと競わせつつも、世界を舞台に活躍してもらうべく多方面でのサポートを行っています。

歌手や演奏家たちに、できるだけ多くの舞台を!

ジャパン・オペラ・フェスティヴァル公演の前にプレイベントを各地で実施し、今年のオペラの時代背景や物語の解説と合わせて、ウチの歌手たちにオペラのアリアを歌ってもらいます。また、本場仕込みのオペラ歌手や演奏家を派遣しての地方公演や、ビックリするほど低価格でのオペラ・セミステージなど、オペラの文化を広める活動を幅広く実施しています。

年会費

賛助会員

個人 : 5万円 /1口|法人 : 10万円 / 1口

ファンクラブ会員

個人 : 1万円 /1口

※お一人様、何口でもお申し込みいただけます。※会員有効期限は、入会(年会費ご入金)をした日を含めた、一年後の入会月の末日です。

入会方法

会員規約】をご確認の上お申し込みください。

WEB

  1. さわかみWEBサービスに登録(すでに登録済みの方は2へ)
  2. さわかみWEBサービスへログイン
  3. 「マイページ」をクリック
  4. 新規入会を選択し「Opera Amici(入会・更新)」をクリック
  5. 会員規約を確認し[会員種別・口数]を入力後「申込」をクリック
  6. 入会申込を確認し「申込」をクリック。次ページにて「お支払手続きサイトへ」をクリックしてお支払い手続きを完了させてください。
  7. お支払いを確認後、事務局より会員証を郵送いたします

※会員証の送付には1~2週間お時間をいただきます。

お電話・郵送

  1. 資料請求、もしくは申込書ダウンロード
  2. 申込書に必要事項を記入し、当財団へ郵送ください
  3. 所定の銀行口座に年会費をお振込みください
  4. 事務局で入金確認
  5. 会員証発行

※会員証の送付には1~2週間お時間をいただきます。

当財団の寄付について●アミーチ会員費は全額が寄付として100%を公益事業費、もしくは管理費とします。公益事業費とは、公益事業の目的を達成するための費用です。管理費とは、法人の事業を管理するために、毎年度経常的に要する 費用です。税金控除について●公益財団法人さわかみオペラ芸術振興財団は、内閣府より2017年2月27日より税額控除の資格を有する「公益財団法人」として認定されました。アミーチ会員費は、税法上の特定公益増進法人への寄付金として、個人・法人それぞれに税制上の優遇措置がございます。確定申告で、会員費の40%前後が戻ります。※所得によって個人差があります。領収書について●入金が確認でき次第、会員証と一緒にお送りいたします。入金から2週間過ぎても、会員証が届かない場合はお手数ですが、オペラ財団までご連絡いただきますようお願い致します。

ご支援者様

賛助会員 [個人]

柴 洋二郎 様 / 萩野 源次郎 様 / 谷郶 龍二 様

中井 朱美 様 / Y.INOUE 様 / 植田  貴世子 様

伊藤 八千代 様 / 守田 正樹 様 / 丸山 孝 様

Y.N 様 / 山本 亮二郎 様

※著名簿の掲載は任意とし、希望された方を掲載しております。(2018年11月15日現在 順不同)