「みんなの寄付」|結果報告

「みんなの寄付」とは

国内外でクラシック音楽を中心に活動している音楽家のための助成制度です。
みなさまから募った寄付金を支援が必要な音楽家に届けることによって、経済的な理由に左右されることなく、自身の音楽活動(演奏、研鑽、普及など)に専念してほしいとの思いから、新しい助成のしくみをつくりました。また、助成金をすべて寄付金から給付することによって、支援者と音楽家を「寄付」というかたちでつなぎ、多くの人々を巻き込みながら、日本のクラシック音楽文化の発展・振興に寄与することを目的としています。支援については3か月に一度申請期間を設け、助成希望者を広く一般より公募します。申請後は選考委員会の厳正な審査を経て、助成者・助成金額等を決定します。

ご報告

この度は、「みんなの寄付」にご理解、ご協力を賜り厚く御礼申し上げます。
2020年冬期募集の寄付⾦総額は、皆さまからの温かいご声援を受け、487,220円となりました。
同時に音楽家の助成選考も行い、お寄せいただいた寄付金のうち330,000円を、選ばれた音楽家3名への助成金といたしました。
さらに運営諸経費を差引いた差額分151,430円は次回、2021年春期の助成へ繰越となります。

2020年冬期募集 寄付および助成結果

収入 寄付金収入(8名様より) 315,400円
前期繰越金額 171,820円
合計 487,220円
支出 音楽家3名への助成 330,000円
運営諸経費※ 5,790円
合計 335,790円
差引(繰越金額) 151,430円
※運営諸経費は広報費用等

助成内容

「みんなの寄付」2020年冬期 助成対象活動一覧

宮川彩音(みやかわあやね)
活動概要「演奏会の開催、コンクールへの参加」
助成金額:50,000円
活動詳細

♪メッセージ♪
この度ご支援を賜りました皆様、誠にありがとうございます。
コロナの状況は未だ厳しく、収束の見えない難しい時代となってしまいましたが、この世の中から、「生の音楽」が消えてはならないと強く思います。
感染対策を十分にし、出演者3人の地元で開催した第1回目のコンサートでは、多くのお客様からご好評をいただき、開催して良かったと心から思いました。
そして今回、2021年2月にコンサートを開催いたします。私たちの生の音楽を楽しみにしてくださっている方々に、聴けて良かったと思っていただけるよう、準備を進めて参ります。
コンサートの内容は、近現代作品を中心とし、須田陽さんによる世界初演も含まれる、クリエイティブな内容を想定しております。多くの方に聴いていただけたら嬉しく思います。今後とも継続して活動をしていけるよう、日々精進していきます。改めましてこの度は、誠にありがとうございました。

坂本里沙子(さかもとりさこ)
活動概要「小学生を対象としたアウトリーチ活動」
助成金額:80,000円
活動詳細

♪メッセージ♪
「みんなの寄付」助成金を頂くことになりました坂本里沙子と申します。
コロナ禍の中でこのような支援をして頂き、この度は誠にありがとうございます。
一見敷居の高いと思われがちなクラシック音楽ですが、先入観のない子供の頃からクラシック音楽を楽しいものと思い、大人になっても親しみ好んでくれる人を増やすことで、クラシック音楽の世界は明るいものになっていくと思っています。
今回は小中学生を対象とした音楽のアウトリーチをさせて頂けることになり、大変光栄に存じます。頂いたご寄付と機会を精一杯活用できるようクラシック音楽の今後を考え、子供たちに音楽の良さを伝える活動をし、また私の今後の音楽活動の中で生かしていきたいと思います。

依田泰幸(よだやすゆき)
活動概要「Ensemble Vita ファミリーコンサート&映像収録プロジェクト」
助成金額:200,000円
活動詳細

♪メッセージ♪
この度、私が企画する「Ensemble VITA ファミリーコンサート」に助成を頂ける事となりました。日頃より「みんなの寄付」にご理解、ご支援頂いている皆様、本当に有難うございます。
2020年はコロナの影響で、コンサートをはじめとする様々なイベントが中止になってしまいました。皆様、多々残念な思いをされてきた1年だったかと思います。しかしこの状況下で恐らく一番残念な思いをしているのは、楽しみにしていた行事もほぼ無くなり、自力でイベント等に足を運ぶ事も難しい子供達だったのではないでしょうか?
そこで、子供達に2020年度の最後に少しでも楽しい思い出作りをする手助けをしたいと思い、今回このコンサートを企画致しました。
Ensemble VITAは私が主宰し今年で結成21年を迎えたアンサンブルで、そのサウンドから「世界最小の管弦楽団」と称されております。今後も、Ensemble VITAを通して、未来ある子供達や、コロナで疲弊した世の中を少しでも幸せにできるような活動を展開していきたいと考えております。
どうぞ今後とも皆様の変わらぬご支援ご協力のほどよろしくお願い致します

過去の助成結果および活動報告

2020年秋期募集

寄付は随時受け付けております。
みなさまの温かいご支援をよろしくお願いいたします。

税制上の優遇について

当財団への寄附金は、税法上の特定公益増進法人への寄附金として、個人・法人それぞれに税制上の優遇措置がございます。詳細は、所轄の税務署又は税理士などへお尋ねください。

【個人の方によるご寄附】
控除の方法は《税額控除》と《所得税控除》による方法がございます。
《税額控除》 下記算式より算出された額が、「寄附金控除」として、所得税から控除
(寄附金合計額-2,000 円)×40%=控除額

※年間所得額の 40%が限度となります。
※控除額は所得税額の 25%が限度となります。

《所得控除》 下記算式より算出された額が「寄附金控除」として、課税所得から控除
(年内に支出した特定寄附金の合計額-2,000 円)×所得税率=控除額

※年間所得額の 40%が限度となります。

《住民税》
当財団は、一部自治体の個人住民税、相続税についても優遇措置の対象となります。

【法人様によるご寄附】
一般寄附金の損金算入限度額(※1)とは別枠で、特別損金算入限度額(※2)の寄附金として損金算入することが認められています。

※1 一般の寄附金にかかる損金算入限度額
(資本金等の額等×0.25%+所得の金額×2.5%)×1/4

※2 特定公益財団法人に対する寄附金にかかる損金算入限度額
(資本金等の額等×0.375+所得の金額×6.25%)×1/2

当財団の寄付について

当該事業に100%助成
※なお、当該事業に必要となる適正な募集経費等を、受け入れた寄付金より一部充当いたします。

<税金控除について>
●公益財団法人さわかみオペラ芸術振興財団は、内閣府より2017年2月27日より税額控除の資格を有する「公益財団法人」として認定されました。寄付金は、税法上の特定公益増進法人への寄付金として、個人・法人それぞれに税制上の優遇措置がございます。

<領収書について>
●入金が確認でき次第、一緒にお送りいたします。入金から1カ月過ぎても領収書が届かない場合は、お手数ですがご連絡いただきますようお願い致します。