2021年結果報告

「みんなの寄付」とは

国内外でクラシック音楽を中心に活動している音楽家のための助成制度です。
みなさまから募った寄付金を支援が必要な音楽家に届けることによって、経済的な理由に左右されることなく、自身の音楽活動(演奏、研鑽、普及など)に専念してほしいとの思いから、新しい助成のしくみをつくりました。また、助成金をすべて寄付金から給付することによって、支援者と音楽家を「寄付」というかたちでつなぎ、多くの人々を巻き込みながら、日本のクラシック音楽文化の発展・振興に寄与することを目的としています。支援については3か月に一度申請期間を設け、助成希望者を広く一般より公募します。申請後は選考委員会の厳正な審査を経て、助成者・助成金額等を決定します。

ご報告

この度は、「みんなの寄付」にご理解、ご協力を賜り厚く御礼申し上げます。
2021年夏期募集の寄付⾦は、皆さまからの温かいご声援を受け182,400円集まりました。
寄付金総額については、2021年春期からの繰越分1,146,730円と合わせて1,329,130円となりました。
同時に音楽家の助成選考も行い、お寄せいただいた寄付金のうち490,000円を、選ばれた音楽家4名への助成金といたしました。
残った839,130円は次回、2021年秋期の助成へ繰越となります。

2021年夏期募集 寄付および助成結果

収入 寄付金収入(9名様より) 182,400円
前期繰越金額 1,146,730円
合計 1,329,130円
支出 音楽家4名への助成 490,000円
運営諸経費※ 0円
合計 490,000円
差引(繰越金額) 839,130円
※運営諸経費は広報費用等。今回はなし。

2021年夏期活動報告

Misato Hanawa

塙 美里(はなわみさと)

活動概要「第二回パルマ国際サクソフォンコングレスに演奏者、講師として参加」
助成金額:100,000円
活動詳細

♪メッセージ♪
この度は、私の音楽活動にご理解、ご支援をいただき誠にありがとうございます。心より感謝申し上げます。
今回は、スペインのパルマ島で行われる「パルマ国際サクソフォンコングレス」に演奏者・講師として参加します。「パルマ国際サクソフォンコングレス」では主に現地の子供たちを対象に、個人・グループレッスンや呼吸法のレッスン、日本とスペインの文化交流などの様々なワークショップ、受講生によるサクソフォンコンクールの開催、そして最終日には受講生たちと一緒にコンサートを行います。私はゲストアーティストとしてソロリサイタルもさせていただきます。
「パルマ島」はあまり聞き馴染みの無い土地かもしれませんが、驚くほど自然が豊かであり、島の方は皆親切です。皆様も一度訪れたらきっと虜になってしまうくらい、とても美しい島です。
パルマ島はスペイン本島とは違い、芸術面ではまだまだ発展途上の部分が多い地域ですが、私がサクソフォンの本場であるフランス留学で得た経験と知識を最大限に活かし、本物の奏法で小児たちの教育に携わっていきたいと思っております。今回で「パルマ国際サクソフォンコングレス」は第二回目の開催となりますが、来年以降のコングレスも更に規模を大きくし、受講生の更なるレベルアップを狙うと共に、充実したイベントになるよう発展させていきたいです。
ゆくゆくはプロを目指して世界的に活躍する人材が誕生するのであれば、この上ない幸せです。

Masato Nitta

新田壮人(にったまさと)

活動概要「近江楽堂でのバロックアンサンブルコンサート」
助成金額:100,000円
活動詳細

♪メッセージ♪
この度は、私たちのバロックアンサンブルコンサート実現のためご支援くださった皆様に、心より感謝申し上げます。
新型コロナウィルス感染拡大防止に伴う各国の入国規制により、一部の有望な若手音楽家たちは海外留学への気力を失ってしまったり、多くの人々が演奏に触れる機会も減少しています。
そこで国内外にて活躍するバロック音楽の専門家が集まり、「日本のバロック音楽の普及」と「若手音楽家の海外進出への興味を喚起すること」を目的とした今回のコンサートを企画しました。私たちの音楽が、行く末も見えない現在の混沌とした世の中を生きる全ての人たちの癒しとなり、希望の道を示す光となることを強く願います。
「みんなの寄付」を通じて、支援者の「コロナ禍の続く中でも音楽活動を続けてほしい」という音楽家へのエール、そして芸術への深い愛を感じました。日本クラッシック界のさらなる発展のために、皆様の存在はかけがえのないものです。
これからも皆様の期待に応え続けるため、私たちはそれ以上の大きな愛を、お客様へ届けていきたいと思います。

Yoshiyuki Watanabe

渡辺善行(わたなべよしゆき)

活動概要「トロンボーンアンサンブルのリハーサル及びコンサート」
助成金額:200,000円
活動詳細

♪メッセージ♪
長引くコロナの影響で、なかなか元通りの生活に戻れないまま、二度目の夏を迎えようとしていますが、皆さまお元気にお過ごしでしょうか。
この度は私の企画にご賛同、ご支援を賜りましたこと、心より御礼申し上げます。選考結果をコンサート出演者に伝えましたところ、メンバー一同、感激と感謝の言葉を申しておりました。
今回のコンサートでは、演奏する機会が減ってしまった若手奏者にコンサートの場を提供する目的と、トロンボーンアンサンブルを通して楽曲の理解をより深める目的があります。トロンボーンと言う楽器の原点に立ち返り、16世紀当時の教会で「神の声」と称された『音とハーモニー』を研きたいと思います。そして、時代を超えた至福の祈りの時間をお客様と共有出来るコンサートになるよう、メンバー一同頑張ります。
コロナを乗り越えて、また笑顔で思いきり音楽を楽しむことが出来る日まで、皆さま呉々もご自愛くださいませ。
この度は本当にありがとうございました。重ねて御礼申し上げます。

Hashizume Shafikku Yoh Shamasu

橋詰シャフィック(はしづめシャフィック)

活動概要「17‐18世紀の音楽から見る ヨーロッパの旅シリーズ 3回公演(イタリア編、フランス編、ドイツ編)」
助成金額:90,000円
活動詳細

♪メッセージ♪
この度は、私の企画にご賛同、ご支援いただき心より感謝申し上げます。私たち演奏者は、コロナの影響によりコンサートが軒並み中止となり、人前で演奏できる機会が激減しました。しかしこのような状況だからこそ、子供たちが文化芸術に触れる場や大人の方も豊かな時間を過ごしていただけるコンサート等を企画したいと考えています。今回のご寄付はその第一歩を踏み出す為の大事な後押しとなりました。地道ながらも、積極的な活動ができるよう努力して参ります。
「西洋古楽」は一般的にまだまだ身近な存在であるとは言えず、子供たちが無料で楽しめるような古楽器のコンサートは殆どありません。今回の子供向け無料コンサートでは、古楽器を間近で見て聴いてもらうことにより、その音色や楽器の構造、時代背景など楽しく知っていただくとともに、コンサート終了後には、楽器見学ツアーも企画しています。また、一般(大人)向けのコンサートではバロック時代のイタリア、フランス、ドイツ各国の音楽の特色を堪能出来るようなプログラムを予定しています。
皆様のご支援をしっかりと受け止め音楽文化に貢献できるよう、出演者一同、精一杯努めさせていただきます。

2021年度 活動報告

春期活動報告

※寄付及びは助成結果は上記PDFをご確認下さい。

Yoh Otawara

大田原 瑶(おおたはらよう)

活動概要「イタリアオペラを子供たちへ伝えるアウトリーチ 」
助成金額:150,000円
活動詳細

Takahiro Maruyama

丸山貴大(まるやまたかひろ)

活動概要「Accademia di Teatro coccia(ノヴァーラ、テアトロコッチャ)での指揮者育成アカデミーの参加」
助成金額:100,000円
活動詳細

Akeo Minamikawa

南川朱生(みなみかわあけお)

活動概要「幼児・児童を対象とした小鍵盤とトイ楽器のコンサート&ワークショップ」
助成金額:129,400円
活動詳細

これまでの活動報告

税制上の優遇について

当財団への寄附金は、税法上の特定公益増進法人への寄附金として、個人・法人それぞれに税制上の優遇措置がございます。詳細は、所轄の税務署又は税理士などへお尋ねください。

【個人の方によるご寄附】
控除の方法は《税額控除》と《所得税控除》による方法がございます。
《税額控除》 下記算式より算出された額が、「寄附金控除」として、所得税から控除
(寄附金合計額-2,000 円)×40%=控除額

※年間所得額の 40%が限度となります。
※控除額は所得税額の 25%が限度となります。

《所得控除》 下記算式より算出された額が「寄附金控除」として、課税所得から控除
(年内に支出した特定寄附金の合計額-2,000 円)×所得税率=控除額

※年間所得額の 40%が限度となります。

《住民税》
当財団は、一部自治体の個人住民税、相続税についても優遇措置の対象となります。

【法人様によるご寄附】
一般寄附金の損金算入限度額(※1)とは別枠で、特別損金算入限度額(※2)の寄附金として損金算入することが認められています。

※1 一般の寄附金にかかる損金算入限度額
(資本金等の額等×0.25%+所得の金額×2.5%)×1/4

※2 特定公益財団法人に対する寄附金にかかる損金算入限度額
(資本金等の額等×0.375+所得の金額×6.25%)×1/2

当財団の寄付について

当該事業に100%助成
※なお、当該事業に必要となる適正な募集経費等を、受け入れた寄付金より一部充当いたします。

<税金控除について>
●公益財団法人さわかみオペラ芸術振興財団は、内閣府より2017年2月27日より税額控除の資格を有する「公益財団法人」として認定されました。寄付金は、税法上の特定公益増進法人への寄付金として、個人・法人それぞれに税制上の優遇措置がございます。

<領収書について>
●入金が確認でき次第、一緒にお送りいたします。入金から1カ月過ぎても領収書が届かない場合は、お手数ですがご連絡いただきますようお願い致します。