チケット購入

EVENTS

喜多方 酒蔵オペラ「椿姫」

2024.06.22 各種公演 福島

公演概要

喜多方 酒蔵オペラ「椿姫」

開催日程

2024年6月22日(土)

会場

喜多方プラザ文化センター大ホール

演目

オペラ「椿姫」
全3幕/原語上演/日本語字幕付き

作曲

ジュゼッペ・ヴェルディ


主催

喜多方酒蔵オペラ実行委員会
公益財団法人さわかみオペラ芸術振興財団

出演

ヴィオレッタ・ヴァレリー:中川郁文
アルフレード・ジェルモン:前川健生
ジョルジョ・ジェルモン:市川宥一郎

フローラ・ベルボア:山川真奈
ドゥフォール男爵:宮本史利
アンニーナ:三戸はるな
ガストーネ子爵:髙梨英次郎
ドビニー侯爵:杉尾真吾
グランヴィル医師:松中哲平

合唱:酒蔵オペラ合唱団
ピアノ:篠宮久徳

演出:奥村啓吾(さわかみオペラ芸術振興財団 所属)
合唱指導・指揮:品田広希

あらすじ

舞台は1850年頃のパリ。
結核を患う高級娼婦ヴィオレッタは、裏社交界の華として贅沢な暮らしを送っている。ある時、青年貴族のアルフレードから愛の告白を受け、それを軽くあしらっていたヴィオレッタだが、彼の真剣さに心を動かされ始める。 ヴィオレッタは社交界の派手な生活を捨て、アルフレードとパリ郊外で暮らし始める。ある日、アルフレードの父 ジェルモンが来訪し、ヴィオレッタに息子と別れるよう要求する。兄が娼婦と暮らしていると、妹の結婚に差しさわりがあるという。ヴィオレッタは本当の理由を隠して、アルフレードに別れを告げるのだった。
数か月後、ジェルモンから真実を知らされたアルフレード。その時すでに、ヴィオレッタには死期が近づいていた…。

プロフィール

中川郁文[ヴィオレッタ・ヴァレリー]ソプラノ
兵庫県出身。京都市立芸術大学大学院、サントリーホールオペラ・アカデミーを修了。'19年世界オペラコンクールNEUE STIMMENのアジア地区代表。'21年夏ザルツブルク音楽祭にYSPのメンバーとして日本人で初めて選抜され複数の公演にソリストとして出演。PMF札幌、井上道義指揮サラダ音楽祭、セイジオザワ松本フェスティバル、日本各地で第九やレクイエムのソリストを務める。 オペラではカルメン、ラ・ボエーム、フィガロの結婚、こうもり、ロメオとジュリエット、トゥーランドット、道化師、椿姫、愛の妙薬、妖精ヴィッリ、ドン・ジョヴァンニに出演、'23,'24年小澤征爾音楽塾カヴァーキャスト。

前川健生[アルフレード・ジェルモン]テノール
愛知県出身。国立音楽大学声楽専攻卒業、東京学芸大学大学院音楽コース修了。第20回東京音楽コンクール声楽部門第2位をはじめ、日本音楽コンクール入選、ジュディッタ・パスタ国際オペラ歌手コンクール第1位等受賞歴多数。東京二期会オペラ劇場では「ダナエの愛」にてデビュー後、「ばらの騎士」テノール歌手役、「アルチーナ」オロンテ役、「三部作-ジャンニ・スキッキ」リヌッチョ役、「ルル」アルヴァ役で出演。メサイア、モーツァルトレクイエム、第九交響曲などのソリストとしても出演を重ねている。遊 音楽企画代表としてこれまでに全国で公演を主催。2017年には東日本大震災復興音楽イベントを開催、福島県広野町より広野夢大使の委嘱を受ける。宗次エンジェル基金奨学生。二期会会員。

市川宥一郎[ジョルジョ・ジェルモン]バリトン
神奈川県川崎市出身。昭和音楽大学卒業、同大学大学院修了。第57回日伊声楽コンコルソ2021第1位、及び歌曲賞や令和4年度川崎市アゼリア輝賞等多数受賞する。大学内のオペラ公演をはじめ、藤原歌劇団や日本オペラ協会などで主要の役を演じ、好評を博す。小澤征爾音楽塾にて「カルメン」「ラ・ボエーム」のカヴァーキャストとして参加し、国際音楽祭セイジ・オザワ松本フェスティバル(OMF)で「ラ・ボエーム」のショナールとして出演。コンサートではサントリーホールにて行われる「オペラ歌手紅白対抗歌合戦」に出演する他、第九交響曲やメサイア等のソリストも務める。藤原歌劇団団員。日本オペラ協会会員。昭和音楽大学非常勤講師。

山川真奈[フローラ・ベルボア]メゾ・ソプラノ
東京音楽大学大学院声楽科オペラ研究領域、またヴェローナE.F.ダッラーバコ国立音楽院第二課程修了。読売新聞社主催第78回新人演奏会に出演。2015年に渡伊後イタリアにて研鑽を積む。2019年にはイタリアのリヴォルノ・ゴルドーニ歌劇場「蝶々夫人」スズキにてヨーロッパデビューを果たす。その他イタリアと日本において「カルメン」タイトルロール、「アイーダ」アムネリス、「椿姫」フローラ、「ヘンゼルとグレーテル」ヘンゼル、「ザネット」タイトルロール、「友人フラッツ」ベッペ「修道女アンジェリカ」公爵夫人等、国内外問わず様々なオペラに出演し、好評を博す。ゴルドーニ歌劇場主催マスカーニアカデミー修了。藤原歌劇団団員。

宮本史利[ドゥフォール男爵]バリトン
横須賀市出身。横浜市立大学商学部、東京芸術大学声楽科を経て、パルマ国立音楽院3年コースを満点で卒業。2008年より2016年まで、20世紀最高のソプラノ歌手の一人、ミレッラ・フレーニの下で歌の研鑽を積む。2010年ロッシーニ・オペラ・フェスティヴァル《ランスへの旅》トロンボノック男爵役、2015年フェスティヴァル・プッチーニ《ジャンニ・スキッキ》タイトルロールとして出演する他、イタリア各地でコンサート、オペラに出演。2015年、一般社団法人よこすかの音楽家を支援する会(YMSA)を設立。横須賀の音楽家を中心としたコンサートの企画、制作、出演を重ねている。2017年イタリア永住権を取得。

三戸はるな[アンニーナ]ソプラノ
国立音楽大学卒業。在学中にVocal concert、卒業演奏会等に出演。東京藝術大学別科修了。二期会オペラ研修所マスタークラス修了。サントリーホール・オペラアカデミー第4期・第5期プリマヴェーラコース修了。多摩フレッシュ音楽コンクール入選。東京国際声楽コンクール入選。オペラでは《ラ・ボエーム》ミミ役、《ルサルカ》外国の王女、《フィガロの結婚》マルチェッリーナ等。2021年サントリーホール、ホールオペラ《ラ・トラヴィアータ》ではアンニーナを演じ好評を得た。声楽を土屋雅子、佐藤ひさら、Elisabeth Norberg-Schulzに師事。

髙梨英次郎[ガストーネ子爵]テノール
日本大学芸術学部音楽学科卒業、学部長賞受賞。東京藝術大学大学院修了。二期会オペラ研修所修了。第9回日本演奏家コンクール声楽部門第1位。ミラノで研鑽を積む。イタリア各地で演奏会に出演。オペラは「カルメン」、「マクベス」、「椿姫」、「愛の妙薬」、「友人フリッツ」、二期会オペラ「トスカ」、「こうもり」、「天国と地獄」、東京・春・音楽祭「ローエングリン」、「マイスタージンガー」、セイジオザワ・松本フェスティバル(OMF)「ラ・ボエーム」などに出演。カヴァーキャストとして、OMF、小澤征爾音楽塾に度々参加。コンサートでは、ベートーヴェン「第九」、モーツァルト「レクイエム」のソリストを国内外の各地で務める。二期会会員。

杉尾真吾[ドビニー侯爵]バスバリトン
武蔵野音楽大学声楽科卒業、同大学院声楽専攻修了。 第48回イタリア声楽コンコルソシエナ大賞(第1位)、第2回イブラ・グランド・アワード・ジャパン総合グランプリ(第1位)、第58回日伊声楽コンコルソ入選など受賞多数。 藤原歌劇団公演『ジャンニスキッキ』、『イル・カンピエッロ』、『二人のフォスカリ』、日本オペラ協会『紅天女』、『ニングル』、藤沢市民オペラ『ナブッコ』、三河市民オペラ『アンドレア・シェニエ』など日本全国各地でのオペラに主要な役で出演し好評を博す。さらに ニューヨークのカーネギーホールでのコンサートに出演し称賛を得るなど、今後海外での活躍も期待されている。藤原歌劇団団員。日本オペラ協会会員。

松中哲平[グランヴィル医師]バス
大阪府出身。武蔵野音楽大学卒業、同大学院修了。新国立劇場オペラ研修所第16期修了。ミラノ・スカラ座研修所、トリエステのヴェルディ歌劇場にて短期研修修了。さわかみオペラ芸術振興財団2017年度奨学生、令和元年度文化庁海外研修生として渡伊。江原啓之氏の開運オペラ第一弾《ジャンニ・スキッキ》第二弾《夕鶴》、新国立劇場《ジャンニ・スキッキ》、さわかみオペラフェスティバル『蝶々夫人』、小澤塾『カルメン』『ラ・ボエーム』カヴァー等、多数のオペラに出演。故ボナルド・ジャイオッティ氏に師事。第25回練馬区新人オーディション優秀賞受賞。フィレンツェ声楽コンクール2018年度特別賞。2020年第3回サン・コロンバーラ国際コンクール入選。第57回日伊コンコルソ入選。東京音楽大学研修員。練馬区演奏家協会会員。

喜多方酒蔵オペラ合唱団[合唱

篠宮久徳[ピアノ
静岡県焼津市出身。東京音楽大学卒業、同大学院修了。在学中特待生奨学金を授与される。コンサート・アカンパニストとして歌曲、オペラの両分野に於いて多くのプロジェクトにて研鑽を積む。現在では、演奏会の他、国内外の歌手とのリサイタル、レコーディング、歌曲の初演、コンクールの公式ピアニスト等も手掛けている。 中田喜直記念コンクールに於いて共演賞(三浦洋一賞)、ロシア ウラジオストク国際コンクールに於いて最優秀共演者賞、2017第1回日本歌曲コンクール優秀共演者賞各受賞。ロシア声楽曲研究会ピアニスト。

奥村啓吾[演出
大阪音楽大学音楽学部声楽学科卒業。大阪市より令和4年度咲くやこの花賞を受賞。2010年に渡伊。パオロ・グラッシ主催ミラノ演劇学校にて演出を学ぶと同時に、フィレンツェ歌劇場をはじめとするイタリアの歌劇場で、演出部として研鑽を積む。2011年9月に、オペラ「結婚手形」をアウディトリウム・トスカニーニ(セグラーテ)にて演出しイタリアデビュー。2015年に牧方シティオペラの旗揚げ公演にて芸術監督兼演出家として好評を博す。2018年さわかみオペラ芸術振興財団より派遣され再び渡伊。日本人として初めてアレーナ・ディ・ヴェローナの演出チームに加わり活動する。二期会、藤原歌劇団、日伊共同制作オペラ、新国立劇場にて演出助手を務める。現在、さわかみオペラ芸術振興財団にアーティステックコーディネーターとして所属、枚方シティオペラ芸術監督。日本オペラ振興会育成部講師。

品田広希[合唱指導・指揮
新潟県小千谷市出身。国立音楽大学卒業、オペラ・ソリストコース修了。第82回読売新人演奏会出演。国立音楽大学国内外奨学生として草津夏期国際音楽アカデミーを受講、リン・ドーソンに師事。オペラでは「魔笛」パパゲーノ、「ドン・パスクアーレ」マラテスタ、「道化師」シルヴィオなどで出演。第3回立石信雄海外研修奨学生としてイタリア・ミラノに短期留学。これまでに久保田真澄、ジュリアーナ・パンツァ、フロリアーナ・ロンゴの各氏に師事。小千谷コミュニティーオペラ公演監督。藤原歌劇団団員。コンサート企画・制作の吉谷音楽研究所所長。

一覧へ戻る

あなたにオススメな公演

  • 日伊共同制作|オペラ「道化師」
    Japan Opera Festival 兵庫 京都

    日伊共同制作|オペラ「道化師」

    公開日
    場所

    京都国立博物館・姫路城

    内容

    レオンカヴァッロ作曲/オペラ「道化師」/全2幕/原語上演/日本語字幕付き

    出演

    指揮:吉田 裕史/演出:ガブリエーレ・マルケジーニ/ネッダ、コロンビーナ:フランチェスカ・ブルーニ/カニオ、パリアッチョ:ニコラ・シモーネ・ムニャイーニ/トニオ:ドメニコ・バルツァーニ/シルヴィオ:フェデリコ・ロンギ/ペッペ:武井 基治/演奏:ボローニャ歌劇場フィルハーモニー

まずはオペラを
楽しみましょう

さわかみオペラ芸術振興財団では、全国各地で大小さまざまな公演、イベントを企画・開催しています。
お近くの地域を見つけて、ぜひ一度足をお運びください。
また、当財団への支援も承っております。ご協力お願いいたします。