超贅沢なさわかみアラカルトコンサート

ala2022-logo

超贅沢な
さわかみアラカルトコンサート

“超贅沢な”さわかみアラカルトコンサートの魅力

“超贅沢な”さわかみアラカルトコンサートは、「オペラ歌手の歌声」「弦楽器」「木管楽器」「金管楽器」など様々な音楽を一度に聴くことができる、超贅沢なコンサートです。
2021年に好評を博したコンサートが再び全国へ!たくさんの方々にクラシック音楽に触れていただく機会をつくります。この公演でしか味わえない特別編成のアンサンブルも聴けるかも!?ぜひ、楽しいひと時をご堪能ください!

公演スケジュール

※出演者・曲目などの詳細は順次公開していきいます。

【熊本公演】☆
2022年7月30日(土)熊本市民会館シアーズホーム/夢ホール

【宝塚公演】この公演は終了しました
2022年4月15日(金)宝塚ベガホール

【京都公演】◆この公演は終了しました
2022年4月16日(土)京都コンサートホール/アンサンブルホールムラタ

【東京公演】◆この公演は終了しました
2022年4月30日(土)浜離宮朝日ホール

【函館公演】☆この公演は終了しました
2022年6月18日(土)函館市芸術ホール

【名古屋公演】☆この公演は終了しました
2022年7月9日(土)三井住友海上しらかわホール

【奈良公演】☆この公演は終了しました
2022年7月10日(日)奈良県文化会館/国際ホール

チケット料金

☆一般:3,000円/学生:1,000円
◆一般:4,000円/学生:1,000円

※会場ごとにチケット価格が異なります。ご注意ください。
※学生は、小学生~高校生までが対象。入場時、学生証や身分証明証の提示を求める場合がございます。

主催・お問い合わせ

主催:公益財団法人さわかみオペラ芸術振興財団

お問い合わせ:公益財団法人さわかみオペラ芸術振興財団
Tel:0570-023-223 Fax:03-6380-9863

統括責任者:山田純よりメッセージ

昨年、全国で大好評を得た「超贅沢なさわかみアラカルトコンサート」を今年も開催します。
さわかみオペラ財団は「世界トップレベルのクオリティの音楽を日本の皆様に届けよう」「日本全国にオペラやクラシック音楽を楽しむ文化を広げていこう」の想いのもと活動を続けています。
コロナ禍のなか、残念ながら世界の音楽家の来日は難しい状況ですが、日本国内にも高い歌唱力や演奏技術を磨き上げ、お客様に素晴らしい音楽を届けようと志を強く持って日々活躍している音楽家の皆さんが大勢います。そうした日本トップレベルのクオリティを誇る、彼ら彼女らと一緒に日本中の皆さまに音楽の楽しさをお届けしようと始めたのがこのコンサート企画でした。
しかし全国各地を回るとなると、1年にそう何度も行くこともできません。毎年に1回か2回しか訪れることができない都市で、お客様に最高に楽しんでいただくにはどうしたらいいか。オペラ歌手の歌声も素晴らしいし、ヴァイオリンやチェロの弦楽演奏も聴きごたえがある。金管楽器の華やかさや木管楽器の奥深さも負けていない。1つのジャンルに絞るのは難しくとても悩みました。
そこでスタッフ一同知恵を絞り、フランス料理の「アラカルト」のように好きな料理を一品ずつ、あれもこれもと楽しんでいただくコンサートスタイルを考え出したのです。オペラ歌手に弦楽四重奏、金管五重奏や木管五重奏、そして勢ぞろいしてのアンサンブル演奏。まさに“超贅沢な”ひと時をお客様にお届けできるコンサートです。おかげさまで昨年のコンサートは各地で大盛況でした。
今年も奏者一同、いまからワクワクして準備とリハーサルに励んでいるところです。昨年よりさらに盛り上がるコンサートになると自信を持ってお薦めいたします。
どうぞ皆さま、ぜひ会場に足をお運びください。奏者、スタッフ、関係者一同、心よりお待ち申し上げております。

【公演開始前の時間に開催!!】

「みなで芸術を支援して、経済を活性化させよう」

さわかみオペラ芸術振興財団
「理事長:澤上篤人」が、経済の活性化を軸に芸術への支援の意義と喜びを語る!

公演ごと開始時間が異なります。
公演ページにて開始時間をご確認の上、お越しください。
プレトーク参加希望の方は、開始時間前までにご入場を済ませてください。
※プレトーク中の会場内への出入りは、係員の指示に従ってください。

[注意事項]

  • 未就学児の入場はお控えください。
  • 申込後のお客様都合によるキャンセルはお受けできません。
  • 新型コロナウイルス感染拡大により、公演が中止または延期となる場合がございます。あらかじめご理解くださいますようお願いいたします。
  • 会場内では、感染予防対策へのご協力をお願いいたします。
  • お申し込みの際には、日時・会場を十分にご確認の上お申し込みください。
  • 会場ごとに出演者、曲目は異なります。詳しくは公演詳細ページをご確認ください。

アーティスト紹介

吉田裕史

芸術監督・指揮:吉田裕史

ボローニャ歌劇場フィルハーモニー芸術監督ボローニャ歌劇場首席客演指揮者東京音楽大学指揮科および同研究科修了後、ウィーン国立音楽大学マスターコースにてディプロマを取得。1999年に文化庁派遣芸術家在外研究員として渡欧し、バイエルン(ミュンヘン)、マンハイム、マルメの各歌劇場にて研鑽を積む。2007年ローマ歌劇場カラカラ野外劇場にて「道化師」を指揮し、イタリアにてオペラデビューを飾る。その後、トリエステ、パレルモ、ノヴァーラ、ベルガモ、ルッカ、キエーティ、サッサリ、メッシーナ、カイロ、リガなどの各歌劇場に客演を重ね、「トスカ」「ラ・ボエーム」「つばめ」「椿姫」「アイーダ」「リゴレット」「ドン・カルロ」などのイタリアオペラを指揮。10年には、マントヴァ歌劇場にてイタリアの歌劇場における日本人初となる音楽監督に就任。近年では、“響の都”オペラフェスティバルにてボローニャ歌劇場フィルハーモニーを率い清水寺で「ドン・キ・ホーテ」(13年)、二条城では「蝶々夫人」(14年)の野外オペラを成功に導いた。14年にボローニャ歌劇場フィルハーモニーの芸術監督に就任、15年には同歌劇場首席客演指揮者に就任している。