超贅沢なさわかみアラカルトコンサート 京都公演

おとなも子どもも
みんなで楽しめるコンサート

ウエストサイドストーリー、オペラの名曲、日本歌曲など

【チケット発売日】
◆Opera Amici先行販売
2021年12月22日(水)10:00~27日(月)17:00
◆一般販売
2021年12月29日(水)10:00~

▼その他、チケットのお取扱い

公演日程

2022年4月16日(土)

開場13:15 開演14:00

【チケット料金】全席指定
一般:4,000円/学生:1,000円(税込)

※学生は、小学生~高校生までが対象となります。入場時に学生証の提示を求める場合がございます。
※未就学児の入場は不可とします。
※新型コロナウイルス感染症状況によっては、主催者の判断により中止とさせていただく場合もございます。

出演者
〈オペラ歌手/ピアノ伴奏者〉
相原 里美(ソプラノ)
水口 健次(テノール)
斉木 健詞(バス)
岡田 真歩(ピアノ)
〈弦楽四重奏〉
尼崎 有実子(ヴァイオリン)
小野 唯(ヴァイオリン)
堀場 裕太(ヴィオラ)
島田 桃乃(チェロ)
〈金管五重奏〉
依田 泰幸(トランペット)
火ノ川 慎平(トランペット)
仮屋 小夜(ホルン)
渡辺 善行(トロンボーン)
本間 雅智(チューバ)
主催
公益財団法人さわかみオペラ芸術振興財団
後援
京都府
京都市
京都市教育委員会
京都府合唱連盟
京都新聞

会場
京都コンサートホール/アンサンブルホールムラタ
アクセス
・京都市営地下鉄烏丸線「北山駅」1番または3番出口 徒歩5分
・駐車場がございます。利用については公式サイトをご確認ください。
備考
※出演者、曲目などの公演情報は変更となる場合がございますのでご了承ください。
※予約、販売後の変更・キャンセルはお受けできません。

公演のみどころ紹介!!

ala-tegaki

“超贅沢な”さわかみアラカルトコンサートは、「オペラ歌手の歌声」「弦楽器」「木管楽器」「金管楽器」など様々な音楽を一度に聴くことができる、超贅沢なコンサートです。
2021年に好評を博したコンサートが再び全国へ!たくさんの方々にクラシック音楽に触れていただく機会をつくります。この公演でしか味わえない特別編成のアンサンブルも聴けるかも!?ぜひ、楽しいひと時をご堪能ください!

当日演奏プログラム

当日演奏プログラム

  • 弦楽四重奏
    A.ドヴォルザーク作曲
    弦楽四重奏曲第12番へ長調「アメリカ」第1楽章
  • オペラ歌手によるガラコンサート
    F.P.トスティ
    暁は光から
    G.プッチーニ作曲
    オペラ「トスカ」より“テ・デウム”
    “星は光りぬ”
    A.ララ
    グラナダ
    G.プッチーニ作曲
    オペラ「ジャンニスキッキ」より“僕のラウレッタ”
  • 金管五重奏
    アメイジンググレイス
    春の歌メドレー
    R.ロジャーズ作曲
    サウンド・オブ・ミュージック・セレクション
  • 特別編成アンサンブル
    團伊玖磨作曲
    花の街
    E.D.カプア、A.マッツッキ作曲
    オー・ソレ・ミオ
    F.ブスカリオーネ作曲
    あの月をごらん
    L.バーンスタイン作曲
    ミュージカル「ウエスト・サイド・ストーリー」より“トゥナイト”

※曲目は予告なく変更となる場合がございます。

チケット

◆Opera Amici先行販売 ※公式サイトのみ
2021年12月22日(水)10:00~27日(月)17:00
◆一般販売
2021年12月29日(水)10:00~

〈チケット価格〉
一般:4,000円/学生:1,000円(税込/全席指定)
※学生は小学生~高校生までが対象となります。

チケットの申し込みは、インターネットもしくはお電話にてお申込み下さい。
発券・決済の手数料をよくお確かめください。
この公演は「さわかみマイル」対象公演です。

(その他)
※小中学生、高校生の方は身分証の提示をお願いいたします。
※未就学児の入場は、お断りさせていただきます。
※公演内容・出演者は変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

▼その他、チケットのお取扱い

出演者プロフィール

satomi1-1

相原 里美|ソプラノ

東京都出身。武蔵野音楽大学声楽学部卒業、同大学大学院修士課程ヴィルトゥオーゾコース声楽専攻を首席で修了。第83回読売新人演奏会出演。第68回毎日新聞社主催全日本学生音楽コンクール声楽部門大学の部にて東京大会、全国大会ともに第1位を受賞し甲子園や東京ドームで国歌斉唱を務める。第5回ジュリアード音楽院声楽オーディションby IFAC にて最優秀賞受賞。2017年秋より1年間さわかみオペラ芸術振興財団の奨学生としてイタリアのトリエステ、ボローニャにて研鑽を積む。2019年オーディションで選ばれ夕鶴、つう役にて人間国宝坂東玉三郎のワークショップに出演。ドイツ・レクイエムにてソプラノソリストとしてしても活躍している。

Kenji Mizuguchi-1-1

水口 健次|テノール

大阪音楽大学卒業。同大学専攻科修了。2003年上方オペラ工房「愛の妙薬」ネモリーノ役でデビュー。2006年日本オペラ団体連盟人材育成オペラ公演「ジャンニ・スキッキ」リヌッチョ役を演じる。「椿姫」アルフレード役、「ラ・ボエーム」ロドルフォ役、「カルメン」ドン・ホセ役などオペラレパートリーは多岐にわたる。二度イタリア留学をし「愛の妙薬」ネモリーノ役でイタリアデビュー。近年では指導者としても活躍。音楽創作工房ムジカヴィーヴァ講座の講師や、さわかみオペラ芸術振興財団主催の野外オペラ公演「トゥーランドット」「トスカ」「蝶々夫人」で日本人合唱指導も務めている。これまでに田原祥一郎、K.ロローヴァ、N.ザニーニの各氏に師事。上方オペラ工房メンバー、関西二期会準会員。

saiki-kenji-2019-05241-1

斉木 健詞|バス

国立音楽大学卒業。同大学院修了。二期会オペラスタジオ第43期マスタークラス修了。文化庁新進芸術家海外研修制度にてイタリアに留学。二期会「ポッペアの戴冠」セネカ役でデビュー、朝日新聞をはじめ各紙で絶賛された。その後、新国立劇場、日生劇場、びわ湖ホール、兵庫県立芸術文化センターなどの公演に多数出演、恵まれた体躯と豊潤な響きで聴衆を魅了している。幅広いレパートリーと豊かな表現力で、国内外の指揮者、演出家からの信頼も厚く今やオペラに欠かせない存在である。また、ベートーヴェン「第九」やモーツァルトなど数々の宗教曲のソリストとしても活躍している。第78回日本音楽コンクール第3位。二期会会員。

maho-okada1-1

岡田 真歩|ピアノ

武蔵野音楽大学卒業。同大学特修科修了。日墺親善音楽団のピアニストとして、ウィーン楽友協会ホール、ハンガリーのコダーイホール等の演奏会に出演。第13回カワイクラシックオーディションピアノ伴奏部門優秀賞、TIAA伴奏ピアニストオーディション合格。06年から渡伊。「Centro Universale del Bel Canto」オペラ伴奏修了(ヴィニョーラ)。M.フレーニ氏が指導するマスタークラスのピアニストを務め、N.ギャウロフ奨学金及び、エミリヤ・ロマーニャ州からの助成金を受ける。フィレンツェ、モデナを中心に演奏会に出演。サントリーホールオペラアカデミーにて、G.サッバッティーニの下研鑽を積む。武蔵野音楽大学伴奏研修員を経て、声楽の伴奏を中心に活動中。

amasakiyumiko

尼崎 有実子|ヴァイオリン

3歳よりヴァイオリンをはじめる。千葉県立幕張総合高等学校音楽コースを経て京都市立芸術大学音楽学部弦楽器専攻を卒業。第22回大阪国際音楽コンクールデュオ部門第3位。第19回日本演奏家コンクール第3位。小澤征爾音楽塾オペラプロジェクトXV参加。奨学金を得てボローニャフィルハーモニー管弦楽団に研修留学。同オーケストラ来日公演に出演。船橋市アーティストバンク登録講師。現在テアトロジーリオショウワオーケストラ所属。これまでにヴァイオリンを青木晶央,橋本洋,吉川朝子,豊嶋泰嗣,Paolo Manciniの各氏に師事。室内楽を豊嶋泰嗣、小峰航一、中島悦子の各氏に師事。

onoyui

小野 唯|ヴァイオリン

桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学音楽学部を卒業。ロシア国立モスクワ音楽院研究科を最優秀の成績で修了。さわかみオペラ財団芸術振興財団主催JFOサウジアラビア公演参加。ボローニャフィルハーモニー管弦楽団アカデミーディプロマ取得、2017・2018年度来日公演出演。これまでに小澤征爾音楽塾参加。Mimir Chamber Music Festival(アメリカ)新進演奏家選出。韓国、ロシアにて演奏会出演。日本、イタリア、フィリピンにてソリストとしてオーケストラ共演やゲストコンサートミストレスを務めた。現在ソロ・室内楽・オーケストラ客演演奏、文化育成事業に携わっている。

horibayuta

堀場 裕太|ヴィオラ

栃木県日光市出身。高校の管弦楽部への入部を機に15歳でヴァイオリンを始める。洗足学園音楽大学卒業。同学大学院にてヴィオラ専攻へ転向し、修了。これまでに、ヴァイオリンを水野佐知香、栗原りか、渡邊弘子の各氏に、ヴィオラを古川原裕仁氏に師事。室内楽を、井野邊大輔、須田祥子、羽川真介の各氏に師事。大学院在学中に、大阪国際音楽コンクールAge-Gの部入選。長江杯一般の部A 6位入賞。現在、洗足学園音楽大学演奏補助要員、テアトロ・ジーリオ・ショウワ・オーケストラ研究員、椿音楽教室ヴィオラ講師。オーケストラや室内楽を中心に首都圏で精力的に演奏活動を行なっている。

shimadamomono

島田 桃乃|チェロ

シカゴ出身。10歳よりチェロを始め、東京音楽大学附属高等学校、及び東京音楽大学を卒業。高校在学中に奨学金を貰い、イギリスのロンドンに留学。現地でのチャペルコンサートにてソリストを務める他、デュオリサイタル等の音楽活動を行う。現在は、東京音楽大学院研究科に在籍中。クラシックやポップスなど多方面での演奏活動をフリーで行う他、行進の指導にも当たっている。これまでに、チェロを堀了介、花岡伸子、植木昭雄、鈴木秀美、山本裕康の各氏に師事。室内楽を横山俊郎、飛澤浩人、荒井英治、大野かおるの各氏に指示。弦楽四重奏団「Quartet медведь(カルテット・メドヴェーチェ)」のメンバー。

yoda-1-1

依田 泰幸|トランペット

長野県出身。1998年武蔵野音楽大学卒業。第13回大曲新人音楽祭コンクール優秀賞受賞。2001年東京文化会館新進音楽家デビューコンサート出演。2003年練馬文化センター主催新人演奏会オー ディション[金管部門]優秀賞受賞。現在、(社)東京ニューシティ管弦楽団首席トランペット奏者。Ensemble VITA、Vivid Brass Tokyo、ECOPETS の各メンバー。桐朋学園芸術短期大学、埼玉県立大宮光陵高等学校の非常勤講師。トランペットを戸部豊、佛坂咲千生、西村明浩、松本浩太郎の各氏に、室内楽を戸部豊氏に師事。ソロ、アンサンブル、吹奏楽、管弦楽など幅広く演奏活動する傍ら、指導者としても活躍している。

hinokawa1-1

火ノ川 慎平|トランペット

上野学園大学短期大学部音楽科卒業。第36 回霧島国際音楽祭参加。2017 年4月公益財団法人さわかみオペラ芸術振興財団主催ジャパン・フェスティヴァル・オーケストラのサウジアラビア公演にオーケストラメンバーとして参加。2018 年3 月ソロリサイタルを開催し好評を博す。同年8 月台灣国際音楽祭に金管五重奏のメンバーとして招聘され演奏。2019 年8 月音楽アカデミーMusic System Italy/Japan に参加。ソリストとしては、ハイドンやアルチュニアン作曲のトランペット協奏曲を得意とし、オーケストラとも共演。若手音楽家としてソロ、アンサンブルなど多方面で精力的に活動している。

kariyasayo

仮屋 小夜|ホルン

北海道札幌市出身。札幌日本大学高等学校卒業。幼少期からピアノを始め、13歳からホルンを始める。現在、東京音楽大学音楽部音楽学科器楽専攻(ホルン)4年次在学中。リヒャルト・シュトラウス作曲ホルン協奏曲第1番作品11をはじめ、数多くの作品に積極的に取り組み日々研鑽を積んでいる。これまでにホルンを島方晴康、水野信行の各氏に師事。室内楽を安原理喜、勝俣康、中野真理、水野信行、水谷上総の各氏に師事。金管アンサンブルをアンドレ・アンリ氏に師事。また学内で吹奏楽を外囿祥一郎氏の下研鑽を積んでいる。オーケストラや吹奏楽、室内楽、金管アンサンブルなど多方面で活躍の場を広げているほか、指導者としても今後活躍が期待される。

watanabeyoshiyuki

渡辺 善行|トロンボーン

11才よりトロンボーンを始める。国立音楽大学音楽学部卒業。在学時、4年次学内オーディションに第1位で合格しアルス室内管弦楽団とコンチェルトにて共演、卒業演奏会に出演。第20回日本管打楽器コンクール第4位入賞。オーケストラ、吹奏楽、ミュージカルなど様々なフィールドで活躍中。また、ソリストとしても様々なオーケストラやバンドと共演をしている。これまでに岸良開城、箱山芳樹、伊藤清、佐藤菊夫の各氏に師事。東京ニューシティ管弦楽団首席奏者。東京音楽大学非常勤講師。神奈川県立弥栄高等学校非常勤講師。那須野が原ジュニアオーケストラ講師。

honamamasanori

本間 雅智|チューバ

国立音楽大学卒業。東京ミュージック&メディアアーツ尚美コンセルヴァトアール・ディプロマ修了。東京藝術大学大学院修了。チューバを稲川榮一氏に師事。桐朋学園大学嘱託演奏員、ズーラシアンブラス、西本智実&イルミナートフィルハーモニーオーケストラのメンバーを経て現在は、ロイヤルチェンバーオーケストラ、プロウインド023、東本間上運天トリオ、ブラスファンタジスタ、各メンバーとして活動。上野学園大学非常勤講師。オーケストラ、室内楽、ソロ、ポップスやビッグバンドに至る幅広い演奏活動を行っている。

kimizuka small

◆理事長:澤上篤人によるプレトークの開催決定!13時30分スタート!

pretalk-banner

4/16(土)京都公演|13:30~開始
※開場時間内に実施されます。10~15分程度の予定です。

「みなで芸術を支援して、経済を活性化させよう」

澤上篤人が、経済の活性化を軸に芸術への支援の意義と喜びを語る!

プレトーク参加希望の方は、開始時間前までにご入場を済ませてください。
※プレトーク中の会場内への出入りは、係員の指示に従ってください。

ご来場のみなさまへ大切なお願い

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、公演を開催するにあたり政府の方針及び各関係団体のガイドラインを遵守し、来場者の安全と感染防止に十分配慮して実施いたします。入場時の整列、体調確認、連絡先の提出等、ご協力をお願いいたします。

〈下記の方はご来場をお控えください〉
・ご来場日時点で、新型コロナウイルスの感染症の陽性者である方。(陽性判定後、療養・経過観察中で、保健所による「療養完了」の設定を受けていない方を含む)
・ご来場日の2週間前以内に新型コロナウイルス感染症の陽性反応が出た方と濃厚接触がある方。または、保健所から濃厚接触者の認定を受けた方。
・37.5度以上の発熱や席・咽頭痛などの症状がある方。
・公演日の2週間以内に感染が拡大している国・地域への訪問歴がある方。
〈施設内では下記の取り組みにご理解・ご協力をお願いいたします〉
・咳エチケット、手洗いや手指消毒
・来館時のマスク着用
・他のお客様との距離をできるだけ空けるように心がけ、会話はお控えください。
・会場内での出演者への花束、プレゼントのお預かり、面会はお断りいたします。
・チケットの半券のもぎりは、お客様にお願いいたします。
・新型コロナウイルス接触感染アプリ【COCOA】のインストールの利用を推奨します。
・万が一、公演中に気分がすぐれないと感じた場合には、お近くのスタッフにお声がけください。
・政府の方針に従い、ご来場いただくみなさまの「来場者情報」をご入場の際にご提出いただきます。

〈来場者情報の記入について〉

▼紙チケットの場合
チケット券面(半券)の裏面に「氏名、電話番号」をご記入ください。
▼電子チケットの場合
下記の「来場者情報記入用紙」をダウンロードし記入の上、入場の際にご提出ください。

【「来場者情報」にご記入いただいた個人情報について】
万が一新型コロナウイルスに感染された方がご観劇された場合には、保健所に速やかに報告するとともに、ご来場者様のお名前等も共有させていただく場合がございます。尚、ご提出いただきました個人情報は、適切に管理し、本オペラコンサート及び事業委託先であるさわかみオペラ芸術振興財団の活動以外の目的に使用することはありません。

■来場時間のご案内

新型コロナウイルス感染防止対策のため、入場時間を区切りご案内いたします。
下記入場時間を目安に会場へお越しいただけますようご協力をお願い申し上げます。

15:00 入場 [A列・B列]
15:15  入場 [C列~E列]
15:25 入場 [F列~H列]
15:35 入場 [I列~J列]
15:45 入場 [K列以降]

※上記の時間は目安です。時間は前後する場合がございます。また、この時間外に入場されるお客様もいらっしゃいます。

公演ギャラリー