オペラ「トスカ」を100倍楽しむために

プレイベント2018

オペラ「トスカ」を100倍楽しむために

公演日程

名古屋公演
  • 6月9日(土)
    会場:名古屋市公館
    開場:16時30分 開演:17時00分
  • 7月10日(火)
    会場:名古屋市芸術創造センター
    開場:18時30分 開演:19時00分
  • 7月11日(水)
    会場:名古屋市芸術創造センター
    開場:12時30分 開演:13時00分
京都公演
  • 6月10日(日)
    会場:京都堀川音楽高等学校
    開場:13時30分 開演:14時00分
東京公演
  • 7月14日(土)
    会場:イタリア文化会館
    開場:13時15分 開演:14時00分
  • オペラ「トスカ」を隅まで解説

    翻弄されて散った一途な愛「トスカ」
    ~そのドラマトゥルギー~

  • オペラ歌手による「歌のコンサート」

    イタリア歌曲、オペラのアリアを演奏
    オペラトスカのハイライトなど

参加費:500円 ※資料代として

koichi ito

解説者:伊藤宏一

千葉商科大学教授・哲学者
出演日:6/10、7/10、7/11、7/14

2018年4月22日(日)

開場14:30 開演15:00

全席:3,000円(自由席)

主催
  • ジャパン・オペラ・フェスティヴァル実行委員会
  • 公益財団法人さわかみオペラ芸術振興財団
共催
  • 名古屋市(名古屋公演)
  • テレビ愛知(名古屋公演)
特別支援
  • 平成30年文化庁国際芸術交流支援事業
協賛
  • さわかみグループ 大和合金株式会社
後援
  • イタリア大使館 イタリア文化会館(全公演)
  • 名古屋日伊協会 名古屋教育委員会
  • 刈谷市・刈谷市教育委員会・刈谷市総合文化センター[KCSN共同体](名古屋公演)
  • 京都市 京都市教育委員会(京都公演)
  • 千代田区 千代田区教育委員会(東京公演)

公演ギャラリー

アーティスト紹介

kazuho kamitani1-1

紙谷 一帆(ソプラノ)

出演日:6/10(京都)
大阪音楽大学卒業。同大学院音楽研究科声楽専攻声楽研究室オペラ系修了。日本演奏家コンクール、大阪大会第1位、全国大会第3位、神戸市長賞受賞。大阪国際コンクール、エスポワール賞受賞。東京国際音楽コンクール入選。全日本学生音楽コンクール全国大会大阪大会入選。飯塚新人音楽コンクール入選。オペラでは、「魔笛」夜の女王・ダーメ2、「ドン・ジョヴァンニ」ヅェルリーナ、「フィガロの結婚」スザンナ、「リゴレット」ジルダなどに出演。また、新作オペラ「パンドラの箱」パンドラで出演。高須礼子、荒田祐子の各氏に師事。イタリア、ドイツ、デンマークに留学し、Paolo Vaglieri氏のマスターコースにてディプロマを取得、師事する。

ikumi nakagaw1-1

中川 郁文(ソプラノ)

出演日:7/14(東京)
兵庫県出身。奈良教育大学教育学部卒業、京都市立芸術大学大学院声楽専攻修了。大学院を修了してすぐ「カルメン」ミカエラでデビュー(2016年)。続けて「ラ・ボエーム」ミミ、「フィガロの結婚」伯爵夫人、「こうもり」ロザリンデに抜擢される。在学中にも「魔笛」パミーナ(アンダースタディ)、「天国と地獄」エウリディーチェ、「愛の妙薬」アディーナなどに出演。ベートーヴェン「第九」ソリスト、京都にてジョイントリサイタルの開催、各地の教育機関での招待演奏やサロンコンサート、熊本でのチャリティーコンサート等、全国各地で芸術活動に力を注いでいる。現在、サントリーホールオペラ・アカデミー4期生として、世界的テノール歌手であり指揮者のジュゼッペ・サッバティーニ氏の指導の下、研修中。

Momoko_Nashitani1-1

梨谷 桃子(ソプラノ)

出演日:全日程
大阪音楽大学卒業。第67回全日本学生音楽コンクールにて横浜市民賞受賞。第6回東京国際コンクール新進声楽家部門、第2位など多数の受賞、入賞を果たす。「ヘンゼルとグレーテル」ゲルトルート、「ドン・ジョヴァンニ」ドンナ・アンナなどのオペラに出演。2017年より渡伊し、トリエステ・ヴェルディ歌劇場にて研鑽を積む。「ジャンニ・スキッキ」ラウレッタにてイタリアデビュー後、「イル・トロヴァトーレ」イネスを演じる。歌劇場主催のコンサートにソリストとして多数出演。第11回マグダ・オリヴェーロ国際コンクール入賞。荒田祐子、Mina Tasca Yamazaki各氏に師事。関西歌劇団正団員。2016年度公益財団法人さわかみオペラ芸術振興事財団イタリア留学助成金留学生。

sasaki yuki1-1

佐々木 有紀(メゾ・ソプラノ)

出演日:7/10、7/11(名古屋)
エリザベト音楽大学院修士課程を首席にて修了。プロミシングコンサート、新進演奏家育成プロジェクトオーケストラ・シリーズにて広島交響楽団と共演。粟国淳、岩田逹宗演出のもと、「フィガロの結婚」マルチェッリーナ、「コジ・ファン・トゥッテ」デスピーナ、「修道女アンジェリカ」公爵夫人、「ジャンニ・スキッキ」ズィータ、「イル・カンピエッロ」オルソラに出演。ヘンデル「メサイア」、モーツァルト「大ミサハ短調」、メンデルスゾーン「エリヤ」、シューマン「ラウダ・シオン」、ブルックナー「レクイエム」、ミサ曲第1番、第3番、ドヴォルザーク「レクイエム」などの宗教曲や、「第九」ソリストとしても活動。広島市在住。

kimika yamagiwa1-1

山際 きみ佳(メゾ・ソプラノ)

出演日:6/9(名古屋)
愛知県立芸術大学卒業、同大学院修了。第68回全日本学生音楽コンクール名古屋大会第1位。平成26年度北野生涯教育振興会奨学生。オペラでは「子供と魔法」子供、「サンドリヨン」シャルマン王子、「ルサルカ」外国の王女、「フィガロの結婚」ケルビーノ、「ドン・キホーテ」ドゥルシネ、「ヘンゼルとグレーテル」ヘンゼル、「ディドとエネアス」ディド、「ワルキューレ」ロスヴァイセ、新国立劇場地方招聘公演「ミカド」ピッティ・シング等を演じる。また、ベートーヴェン「第九」「幻想合唱曲」、ヴィヴァルディ「グローリア」等、宗教曲のソリストも務める。現在、滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール声楽アンサンブルに所属し、インスペクターを務める。

後田翔平

後田 翔平(テノール)

出演日:7/10、7/11(名古屋)、7/14(東京)
愛媛県西条市出身。東京音楽大学声楽科卒業。同大学特別給付奨学生。第44回イタリア声楽コンコルソ第1位、ミラノ大賞受賞。2017年度よんでん芸術文化奨励賞受賞。2014年に渡伊。パルマ国立音楽院へ入学。同音楽院オペラ「愛の妙薬」やヴィチェンツァの世界遺産オリンピコ劇場におけるコンサートなどに多数出演。2016年にはモデナ市立歌劇研修所において、ミレッラ・フレーニ女史のもと研鑽を積む。同劇場よりディプロマを授与される。同年1月にはモデナ市立歌劇場において、「ジャンニ・スキッキ」リヌッチョ役にてデビューした。これまでに様々なオペラに出演する傍ら、「第九」や「レクイエム」等のソリストなども務める。2018年度公益財団法人さわかみオペラ芸術振興財団イタリア留学助成金奨学生。

makoto kuraishi1-1

倉石 真(テノール)

出演日:6/9(名古屋)、6/10(京都)
東京藝術大学声楽科卒業、同大学院オペラ科修了後、ボローニャ国立マルティーニ音楽院に学ぶ。モンテプルチアーノ音楽祭、日生劇場「ジャンニ・スキッキ」、藤沢市民オペラ「カヴァレリア・ルスティカーナ」、横浜シティオペラ「愛の妙薬」「魔笛」、ギルバート&サリヴァン音楽祭(英)、ジェノヴァ・カルロ・フェリーチェ歌劇場「トゥーランドット」、東京音楽大学105周年オペラ「ラ・ボエーム」(広上淳一指揮・粟國淳演出)、聖徳大学オペラ「蝶々夫人」、トリエステ歌劇場「蝶々夫人」(レンツェッティ指揮)また、京都二条城にて日伊共同制作オペラ「蝶々夫人」などで好評を得る。現在、アルベルト・クピード、黒田安紀子の両氏に師事。東京音楽大学講師。聖徳大学兼任講師。日本声楽アカデミー会員。

品川ひろき

品田 広希(バリトン)

出演日:7/10、7/11(名古屋)、7/14(東京)
新潟県小千谷市出身。国立音楽大学卒業、オペラ・ソリストコース修了。国立音楽大学国内外奨学生。第82回読売新人演奏会出演。これまでにオペラ「ドン・ジョヴァンニ」題名役、「魔笛」パパゲーノ、「トゥーランドット」ピン、「トスカ」堂守、「友人フリッツ」ダヴィッド、「パリアッチ」シルヴィオ、「愛の妙薬」ドゥルカマーラ役等で出演。
これまでに佐藤峰子、久保田真澄、ジュリアーナ・パンツァの各氏に師事。今年4月に故郷である新潟県小千谷市で初めてのオペラ公演を企画、開催し芸術の発展に努めている。小千谷コミュニティーオペラ公演監督。第3回立石信雄海外研修奨学生として冬期渡伊予定。藤原歌劇団団員。

斉木健詞

斉木 健詞(バス)

出演日:6/9(名古屋)、6/10(京都)
国立音楽大学卒業。同大学院修了。二期会オペラスタジオ第43期マスタークラス修了。2009年文化庁新進芸術家海外研修制度にてイタリアに留学。二期会、新国立劇場、びわ湖ホール、日生劇場、大分いいちこホールなどの主催公演に主要な役で数多く出演し常に高い評価を受けている。また「第九」や宗教曲などのソリストとしても活躍している。第78回日本音楽コンクール第3位。2016年9月公益財団法人さわかみオペラ芸術振興財団主催、野外オペラ「トゥーランドット」にてティムール役で出演。恵まれた体躯と深い響きで、今やオペラに欠かせない逸材として活躍を続けている。2018年7月兵庫県立芸術文化センター「魔弾の射手」(佐渡裕指揮)に隠者役で出演予定。二期会会員。

yoshiko itubo1-1

伊坪 淑子(ピアノ)

出演日:7/14(東京)
フェリス女学院大学音楽学部ディプロマコース、桐朋学園大学アンサンブル・ディプロマコース修了。
読売新聞社や神奈川県主催の新人演奏会に出演。その後渡仏し、パリのエコールノルマルで研鑽を積む。
ピアノを故塚原瑛子、藤井一興、故ジェルメーヌ・ムニエ各氏、室内楽を野平一郎、菊池真美各氏、コレペティをダンテ・マッツォーラ氏に師事。
二期会イタリアオペラ研究会ピアニスト。日本声楽家協会ピアニスト。聖徳大学兼任講師。

篠宮 久徳

篠宮 久徳(ピアノ)

出演日:7/10、7/11(名古屋)
静岡県焼津市出身。東京音楽大学卒業、同大学院修了。在学中特待生奨学金を授与される。コンサート・アカンパニストとして歌曲、オペラの両分野に於いて多くのプロジェクトにて研鑽を積む。現在では、演奏会の他、国内外の歌手とのリサイタル、レコーディング、歌曲の初演、コンクールの公式ピアニスト等も手掛けている。
中田喜直記念コンクールに於いて共演賞(三浦洋一賞)、ロシア ウラジオストク国際コンクールに於いて最優秀共演者賞、2017第1回日本歌曲コンクール優秀共演者賞各受賞。
ロシア声楽曲研究会ピアニスト。

sakiko yonemaru1-1

米丸 咲季子(ピアノ)

出演日:6/9(名古屋)、6/10(京都)
鹿児島県出身。鹿児島県立松陽高校音楽科を卒業ののち上京。東京音楽大学器楽専攻(ピアノ)同大学修士課程(伴奏)を首席で修了。ピアノ専攻卒業演奏会、鹿児島県新人演奏会、レインボウ21サントリーホールデビューコンサート2016等、様々な演奏会に出演。ピアノソロを竹之内真由美、池川礼子、桃坂寛子、鈴木弘尚、伊賀あゆみ各氏、伴奏・室内楽を土田英介、谷池重紬子、竹中勇人各氏、ピアノデュオを植木純、御邊典一、ジャズアドリブをRick Overton氏の各師に師事。大学在学中より、伴奏ピアニストとして活動する。現在、東京音楽大学ピアノ伴奏非常勤研究員を務める。

ダイジェストムービー