“超贅沢な”弦楽五重奏-アンサンブル-

ボローニャフィルの首席たちによる

“超贅沢な” 弦楽五重奏-アンサンブル-

振替公演の日程が発表されました。

平素よりさわかみオペラ芸術振興財団の活動にご理解とご支援をいただき、誠にありがとうございます。
3月10日に発表した通り、世界各地での新型コロナウイルス感染拡大に伴う渡航制限ならびに拡大防止策のため、3月20日、21日に予定しておりました本公演は延期させていただくこととなりました。公演の延期について、当財団理事長の澤上篤人、ボローニャフィルハーモニー管弦楽団総裁のザニョーニ氏より皆様へのメッセージがございますので以下にご紹介させていただきます。振替公演の日程については、日本・イタリア両国の感染状況について情報収集し慎重に検討しているところでございます。日程が決定し次第発表いたしますので、ぜひ楽しみにお待ちください。なお延期となりました本公演のチケットは、振り替えまたは払い戻しの対応を取らせていただきます。お客様のご都合のよろしい方法をいずれかお選びくださいますようご案内申し上げます。

新型コロナウイルス問題でギリギリまでねばってきましたが、3月の公演延期の判断をせざるを得なくなりました。この首席コンサートは、もともとのクオリティの高さに加え、ボローニャフィルらしい明るくてやわらかな演奏で、かつしなやかに伸びいく音色に魅了された熱烈ファンがどんどん増えております。今年も3月20日の公演をご案内したところ、お客様が殺到し、たちまち満席となりました。そこで、急きょ翌日の3月21日の公演を追加したほどでした。今回の延期は、とても残念でした。事態が収まり次第イタリアから首席5名を招聘します。その日時は、あらためてご案内いたしますので、どうぞ楽しみにお待ちください。
公益財団法人さわかみオペラ芸術振興財団
理事長 澤上篤人

きわめて残念なことですが、コロナウイルス問題は私たちの生活をズタズタにしています。ボローニャフィルハーモニーの首席たちは、日本での公演をいつも大いなる楽しみとしています。今回の延期で、彼らのガッカリは痛ましいほどでした。私どもボローニャフィルハーモニーにとって、日本はまさに第2の故郷であります。今回の問題が一刻も早く収束してもらい、それを日本のお客様と一緒に喜びあいたいと願っております。
日本の皆様と、ジャパンオペラフェスティヴァルと、そしてさわかみオペラ財団と私ども、みなが力を合わせてこの難局を乗り越えましょう。
ボローニャフィルハーモニー管弦楽団
総裁 ジョルジオ・ザニョーニ

※チケット申込サイトに移行します。
※3月20日はチケットの残数が残り僅かとなっております。

【Opera Amici 先行発売】2019年12月11日(水)10時00分~16日(月)17時00分
【一般発売】2019年12月18日(水)10時00分~

【重要】11月2日、3日開催予定の「超贅沢な弦楽五重奏」コンサート延期のお知らせ

3月の振替公演として11月2日3日にイタリア文化会館にて予定をしておりました「ボローニャフィルの首席たちによる超贅沢な弦楽五重奏」は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により出演予定であった5人の奏者達の日本への入国制限が緩和される見通しが立たないことから、公演を再延期させていただきます。再延期の公演日は現在調整中ですが、2021年3月頃を予定しております。公演が決定した際は、改めてホームページにて発表いたします。

公演延期により3月より保管をお願いしておりました、お手持ちのチケットにつきましては、すべてのお客様に返金とさせていただきます。チケットの払い戻し方法は当財団から発送する払い戻し方法をご参照ください。

尚、今回の払い戻し期間内にお手続きを行わなかったチケットは無効となり、現在調整中の再延期公演が決定した場合もご利用いただくことは出来ませんので、ご注意ください。

心待ちにしてくださっていたお客様に心よりお詫び申し上げますとともに、ご理解賜りますよう何卒、お願い申し上げます。

2020年9月4日
公益財団法人さわかみオペラ芸術振興財団

イタリア文化会館(東京)

前売券:3,500円
ペア券:6,500円
学生券:2,000円(大学院生まで)
当日券:4,000円
[税込価格]

※ペア券は2名1組で購入が可能です。(同時購入必須)
※学生券をご購入の際には、入場時に必ず学生証の提示が必要です。
※前売にてチケットがすべて完売した場合には、当日券の販売はございません。当日券が販売になった場合のチケット価格は、4,000円です。学生券の値段変更はいたしません。

本公演は再延期となりました。(9/4更新)

*公演の振替日程は下記のとおりです。

2020年3月20日(金祝)開場13時30分 開演14時00分
2020年11月3日(火祝)開場13時30分 開演14時00分

2020年3月21日(土)開場13時30分 開演14時00分
2020年11月2日(月)開場18時30分 開演19時00分

*公演の振替日程は下記のとおりです。

2020年3月20日(金祝)開場13時30分 開演14時00分
2020年11月3日(火祝)開場13時30分 開演14時00分

2020年3月21日(土)開場13時30分 開演14時00分
→2020年11月2日(月)開場18時30分 開演19時00分

主催
  • 公益財団法人さわかみオペラ芸術振興財団
後援
  • イタリア大使館
  • イタリア文化会館
  • 千代田区
  • 千代田区教育委員会

レセプションパーティーのお知らせ


レセプションパーティーの実施は、2020年11月3日(火祝)の公演終了後のみ実施いたします。11月2日(月)のレセプションパーティーはございませんのでご注意ください。
3月20日及び21日のレセプションパーティーチケットをお求めのお客様は、11月3日(火祝)に現在お持ちのチケットでご入場いただけます。
参加費:1,000円(ドリンク+軽食)
会場:さわかみオペラ芸術振興財団 オフィス4階
※コンサート会場から徒歩10分程度の場所です。詳しくは、こちらをご確認ください
チケット制でございます。振替のチケット販売に関しましては、販売が可能となった時点で公式サイトにてご報告いたします。

公演ギャラリー

演奏
ボローニャフィルハーモニー管弦楽団

※出演者は、変更となる場合がございます。

演目
  • A.ヴィヴァルディ
    弦楽のための協奏曲ト短調RV152
  • R.L.ボッケリーニ
    小四重奏曲ト長調op.44-4「暴君」
  • R.L.ボッケリーニ
    弦楽五重奏曲op.30-6 G.324 「マドリードの通りの夜の音楽」
  • G.ドニゼッティ
    弦楽四重奏曲第6番ト短調 他

※曲目は、予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承下さい。曲順に関しましては、演奏会当日のご案内となります。

昨年の公演をご覧ください!

2019年3月6日(水)
ヴィヴァルディ作曲 弦楽のための協奏曲イ長調《コンチェルト・リピエーノ》RV.158
第一楽章 Allegro

アーティスト紹介

エマニュエル白黒

1stヴァイオリン/エマヌエーレ・ベンフェナーティ

ボローニャ出身。イタリア、フランス、スイスにて学び、キジアーナ音楽院より奨学金を受け優秀な成績で卒業。国内外の国際コンクールにて、多くの最高位を受賞。1989年には、ボローニャ歌劇場管弦楽団のコンサートマスターとして正式に就任。デッカ・レーベルより発売のシャイー指揮「ヴィヴァルディ/2台のヴァイオリン協奏曲」ではF.グッリと共演、その他多数のレコーディングにソリストとして参加。グッリ、カントロフ、ヴァレーズ、シュナイダーハン等の各氏に師事。「Accademia Filarmonica di Bologna」(ボローニャ・音楽家団体)名誉会員。ミラノ・スカラ座管弦楽団のコンサートマスターとして2018年に招聘される。

ダヴィデ・ドンディ

2ndヴァイオリン/ダヴィデ・ドンディ

ボローニャ音楽院で勉強し、キジャーナ国際音楽アカデミーにてさらに研鑽を積む。ミラノ、ジェノバ、ボローニャなどの一流オーケストラコンクールで入賞。ウィーンフィルハーモニーやヴェネツィアフェニーチェ劇場とは首席奏者として共演し、ムーティ、ティーレマン、パヴァロッティといった世界的指揮者や歌手などと共演。また、ペーザロ国際コンクールでは1位に入賞するという経歴を持つ。また、ソリストや室内楽にも力を注ぎ、フランス、イギリス、ドイツ、ロシア、日本など様々な国で演奏。2014年よりジョヴァニーレオーケストラの責任者を務め、国内外で脚光を浴びる。ボローニャ市立歌劇場、ボローニャフィルハーモニー管弦楽団にて首席奏者を務める。

ヴィオラ/ダニエル・フォルメンテッリ

ヴィオラ/ダニエル・フォルメンテッリ

ヴェローナの音楽院を最高得点で学位を取得。その後、キジャーナ音楽学校や、ポルトグルアーロの音楽学校にて研鑽を積む。ピエトラ・リグレの国際コンクールにて第1位、ヴィットーリオ・ヴェネトのコンクールにて第1位を受賞する。2001年以降、ヴェネツィアのフェニーチェ歌劇場管弦楽団、リヨン国立オペラ管弦楽団などに所属し、2016年よりボローニャ歌劇場管弦楽団の首席奏者を務めている。ソリストとしては、2010から2011年フェニーチェ歌劇場にてバルトークの協奏曲(指揮:ミシェル・タバシュニク)を演奏。近年では、頻繁にリヨン音楽院、ヴェネトの若手オーケストラやスピリンベルゴオーケストラなど、レベルの高い講習会に客員教授として招かれ、オーケストラの指導も行っている。

チェロ/エヴァ・ツァーン

チェロ/エヴァ・ツァン

2008年よりボローニャ歌劇場管弦楽団の首席チェロ奏者を務める。リン・ハレル、イヴァーン・モニゲッティ、クリストフ・ヘンケルの各氏に師事。バーゼル音楽学校を最高得点で卒業。Jugend musiziertコンクールで第1位となり、Fulbright Commissionの奨学金を得る。ソリストとしては、ボローニャ歌劇場管弦楽団、il FontanaMIX アンサンブルと共演し、ボッケリーニ、ショスタコーヴィチなどの作品を演奏。 室内楽では、著名な作曲家たちと共に、世界各国で演奏活動を広げており、コンサートで新作なども披露している。イタリアのオペラフェスティヴァル、宮崎音楽祭などに客演として招かれ、マーラー室内管弦楽団、チューリッヒ歌劇場オーケストラと共演。

102ec68d06a433b07d3d5e30207a9921-300x300

コントラバス/ファビオ・クァランタ

ローマ・サンタ・チェチーリア音楽院にて、マッシモ・ジョルジョ氏にコントラバスを学び最高得点でディプロマを取得。後に、カターニア・ベッリーニ劇場とパレルモ・マッシモ劇場のオーディションを通過、2001年にパレルモ・マッシモ劇場のコントラバス首席奏者に就任し、2013年まで務める。サンタ・チェチーリア音楽院管弦楽団、スイス・イタリアーナ管弦楽団、ボローニャ歌劇場管弦楽団など、有数の音楽団体と共演。また、ソリスティ・ディ・パルマ、フィアーティ・ディ・パルマ、アンサンブル・アルキなどの著名なイタリアの室内楽にも参加。2013年6月よりボローニャ歌劇場管弦楽団及び、ボローニャフィルハーモニー管弦楽団のコントラバス首席奏者として活躍中。

会場アクセス

イタリア文化会館(東京)

東京都千代田区九段南2丁目1-30

東京メトロ半蔵門線・東西線
都営地下鉄新宿線
「九段下駅」2番出口より 徒歩13分

【Opera Amici 先行発売】2019年12月11日(水)10時00分~16日(月)17時00分
【一般発売】2019年12月18日(水)10時00分~

【Opera Amici 先行発売】2019年12月11日(水)10時00分~16日(月)17時00分
【一般発売】2019年12月18日(水)10時00分~