イタリア直送!真夏の演奏会~ボローニャ歌劇場管弦楽団の首席奏者を迎えて~

【アンコール曲】

♪ E.モリコーネ作曲|映画「ミッション」より『ガブリエルのオーボエ』 /オーボエ
♪ E.モリコーネ作曲|映画「ニューシネマパラダイス」より『愛のテーマ』/ヴァイオリン
♪ C.モンテヴェルディ作曲|歌劇「ポッペアの戴冠」より『Pur ti miro』/ヴァイオリン,オーボエ,ピアノ

 

【当日券チケット発売のお知らせ】
2022年8月18日
17:30より会場にて販売

|当日チケット価格|(全席指定・税込)
一般:5,000円
学生:2,000円 

新型コロナウイルス感染症が全世界に拡大し2020年以降、海外アーティストの来日は難しい状況が続いていましたが、本年8月イタリアから待望の来日ダブルソロコンサートが決定いたしました。パオロ・マンチーニは、ボローニャ歌劇場管弦楽団のコンサートマスターとして活躍するヴァイオリニスト。2018年、サントリーホールにてパオロがソロを弾いたモリコーネ作曲「ニューシネマパラダイス」の『愛のテーマ』は、世界で31万回の再生数を記録しています。
もう1人はオーボエ奏者マッテーオ・トレンティン。元ボローニャ歌劇場管弦楽団首席奏者で、今はフランス国立リヨン歌劇場管弦楽団にて首席奏者として活躍しています。彼の甘美で艶のあるオーボエの音色を、心ゆくままご堪能いただけます。
さらに、コンサートの第一部では厳しいオーディションを勝ち残ったさわかみオペラオーケストラ奏者たちによるソロやデュオの演奏も予定しています。

演奏プログラムなどの情報は随時更新していきます。

『イタリア直送!真夏の演奏会』をどうぞお見逃しなく!

イタリア直送!真夏の演奏会
~ボローニャ歌劇場管弦楽団の首席奏者たちを迎えて~

2022年8月18日(木)
開場18:00 開演18:30
杉並公会堂 大ホール

【演奏】

パオロ・マンチーニ(ヴァイオリン/ボローニャ歌劇場管弦楽団コンサートマスター)
マッテーオ・トレンティン(オーボエ/フランス国立リヨン歌劇場管弦楽団奏者)

さわかみオペラオーケストラ合格者の出演が決定!(7/7更新)
♪チューバデュオ演奏
青山惠大(チューバ)
小嶺たか代(チューバ)
♪ピッコロソロ演奏
福島姫菜(ピッコロ)

【演奏スケジュール】

◇18:30~ さわかみオペラオーケストラ団員による演奏

♪チューバデュオ演奏
♪ピッコロ演奏

◇19:10~ イタリア人首席奏者による演奏

♪曲順は当日会場でのお楽しみに

※曲目は、予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承下さい。曲順に関しましては、演奏会当日のご案内となります。

【チケット】

前売券:4,500円
学生券:1,500円(高校生まで)
ペア券:8,000円(2名1組同時購入必須/前売のみ/さわかみオペラ財団、チケットぴあのみ)
※当日券:5,000円、当日学生券:2,000円

※税込み価格
※ペア券は2名1組、通常(前売券を)お求めいただくより少しお安く購入できます。
※学生券をご購入の際には、入場時に必ず学生証の提示が必要です。
※前売にてチケットがすべて完売した場合には、当日券の販売はございません。当日券が販売になった場合のチケット価格は、5,000円です。ペア券券の当日販売はございません。

▶チケットの発売日

アミーチ会員先行受付:6月1日(水)~6月5日(日)
一般発売:6月7日(火)~

※アミーチ会員入会についてはこちら

【チケットお買い求め】
※ペア券の販売場所は、さわかみオペラ芸術振興財団のみとなります。

▶公益財団法人さわかみオペラ芸術振興財団
0570-023-223(平日10:00~17:00)
ペア券取り扱い〇

【その他プレイガイド】

▶杉並公会堂
ペア券取り扱い〇

▶チケットぴあ
ペア券取り扱い〇

▶イープラス
ペア券取り扱い× 一般券のみ

後援
  • イタリア大使館
  • イタリア文化会館
  • 千代田区
  • 千代田区教育委員会

 ~プログラム~

  • J-M・デュファイ
    2本のチューバのための6つのエチュードより2,6楽章
    2楽章 Rhythm
    6楽章 Velocity
    -2,6 movements from SIX ETUDES for Two Tubas/Jean-Michel Dufaye
    2楽章 Rhythm
    6楽章 Velocity
  • W.A.モーツァルト
    2本のフルートのための6つの組曲より第1番K.Anh.156
    -W.A.Mozart
    Duet No.1 from Six Duets for Two Flutes K.Anh.156 by
  • A.ヴィヴァルディ作曲
    ヴァイオリンと通奏低音の為のソナタ ニ長調 F.XIII n.6
    Vivaldi sonata per violino e basso continuo in re maggiore FXIII n.6
  • N.パガニーニ作曲
    ポラッカと変奏曲 イ長調
    – Paganini Polacca con variazioni
  • N.パガニーニ作曲
    ヴァイオリン協奏曲 第1番op.6より第2楽章 アダージョ エスプレッシーヴォ
    – Paganini Adagio espressivo dal concerto n.1 op.6
  • G.ヴェルディ作曲
    十字軍のロンバルディア人より第3幕への前奏曲
    – Verdi Introduzione Atto 3° da “I Lombardi alla prima crociata”
  • N.パガニーニ作曲
    アンダンテ カンタービレ
    – Paganini Andante cantabile
  • N.パガニーニ作曲
    カプリース 第24番
    Paganini Capriccio n. 24
  • G.ドニゼッティ作曲
    オーボエとピアノの為のソナタ
    G. Donizetti – Sonata per oboe e pianoforte
  • A.ポンキエッリ作曲
    オーボエとピアノの為のカプリース
    A. Ponchielli – Capriccio per oboe e pianoforteR.
  • デ・ステファニ作曲
    イル・トロヴァトーレの主題による幻想曲
    R. De Stefani – Fantasia su temi da Il Trovatore
  • ※曲目は、予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承下さい。曲順に関しましては、演奏会当日のご案内となります。

[当日券情報]

*当日券の発売は、下記の予定で行います。

◆     日時:2022年8月18日(木) 18:00 より
◆発売場所:杉並公会堂 大ホール
◆  金額:一般 5,000円 学生 2,000円 (当日券価格) v

※ ペア券の販売は前売りのみのためございません。
※学生券をお求めの方は、学生証を当日確認させていただきます。

当日券は、売り切れとなる場合もございますので、予めご了承ください。

※チケット申込サイトに移行します。

【一般発売】2022年6月7日(火)10時00分~

※2018年に行われた演奏会の様子

パオロ・マンチーニ ヴァイオリンソロ

2017年9月6日
ボローニャフィルハーモニー管弦楽団特別演奏会(サントリーホール・大ホール)
オペラ名曲集&シネマコンサート
指揮:吉田裕史
演奏:ボローニャフィルハーモニー管弦楽団
エンニオ・モリコーネ/「ニュー・シネマ・パラダイス」より愛のテーマ

マッテーオ・トレンティン オーボエソロ

2017年9月6日
ボローニャフィルハーモニー管弦楽団特別演奏会(サントリーホール・大ホール)
オペラ名曲集&シネマコンサート
指揮:吉田裕史
演奏:ボローニャフィルハーモニー管弦楽団
エンニオ・モリコーネ/「ミッション」よりガブリエルのオーボエ

出演者紹介

paolo

ヴァイオリン/パオロ・マンチーニ

七歳からヴァイオリンを始め、フィレンツェ音楽院ルーイジ・ケルビーニにて最高得点で学位を取得。その後、ヴァイオリンデュオやピアノアンサンブルを学び、イーモラの”Incontri col Maestro”音楽学校にて室内楽を学ぶ。ガッティ、ムーティ、シャイーなど数々の著名な指揮者やソリストと共演。また、ミラノのスカラ座管弦楽団としても演奏し、ヴェネツィア・フェニーチェ歌劇場管弦楽団、フィレンツェ・五月音楽祭ではコンサートマスターを務める。コンクール審査員や音楽協会、ボローニャやフェッラーラの音楽院でマスタークラス講師としても活動。現在、ボローニャ歌劇場管弦楽団及び、ボローニャフィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスターを務め、ソリストとしても活躍中。

Foto Matteo Trentin small2

オーボエ/マッテーオ・トレンティン

リヨン国立歌劇場首席ソロ・オーボエ奏者。
ロヴィーゴ音楽院にてファブリツィオ・オリアーニのもと学び、優秀な成績でディプロマを取得した後、ルカ・ヴィニャーリに師事し研鑽を積む。2002年、2003年には、リッカルド・シャイー率いるミラノ・シンフォニカ管弦楽団(G.ヴェルディ)と共演。
主席オーボエ奏者として、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団、ミラノ・スカラ座管弦楽団、サンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団など、ヨーロッパの一流オーケストラと共演。
ズービン・メータ率いるフィオレンティーノ・マッジオ・ミュージカーレ管弦楽団に9年間在籍した後、2012年にはトリノ王立劇場及びボローニャ市立劇場の首席オーボエ奏者となり2013年から2018年まで在籍。2019年から現職。

Hina Fukushima SMALL

ピッコロ/福島 姫菜(さわかみオペラオーケストラ合格者)

北海道石狩市出身。

12歳よりフルート・ピッコロを始める。フルート・室内楽を髙橋聖純、清水里香各氏に師事。ピッコロを野津雄太氏に師事。Mihi Kim氏のマスタークラスを受講。札幌大谷大学芸術学部音楽学科管弦打楽コース在学中演奏クラスに推薦され、選抜メンバーによるソロ・オーケストラのコンサートに出演。現在国立音楽大学ディプロマコース1年目。現在は札幌交響楽団などオーケストラや吹奏楽への客演と共に北海道・東京での演奏活動また、学校指導や個人レッスンを行っている。さわかみオペラオーケストラピッコロ奏者。

takayo komine-チューバ

チューバ/小嶺 たか代(さわかみオペラオーケストラ合格者)

沖縄県立那覇高等学校を経て、沖縄県立芸術大学音楽学部を首席で卒業。現在、東京藝術大学大学院音楽研究科修士課程2年次在学中。
第37.39回沖縄県吹奏楽ソロコンテスト金賞。第2回JETA学生ソロコンクールチューバジュニア部門第1位。平成26年度沖縄県高校生芸術文化国際交流プログラム【音楽部門】に参加(派遣先オーストリア)。第51回新報音楽コンクール管打部門一般の部第1位。平成30,31年度明治安田生命クオリティオブライフ文化財団奨学生。これまでにチューバを喜友名繁俊、稲嶺哲也、池田幸広、佐藤和彦の各氏に師事。室内楽を阿部雅人、倉橋健、川武典、井上順平、栃本浩規、古賀慎治の各氏に師事。

keita aoyama-チューバ

チューバ/青山 恵太(さわかみオペラオーケストラ合格者)

静岡県静岡市出身。国立音楽大学を卒業後、渡独。ドイツ州立フライブルク音楽大学修士課程修了。第25回日本クラシック音楽コンクールで第三位(最高位)を受賞。セイジ・オザワ松本フェスティバル2016に小澤征爾音楽塾オーケストラ団員として参加。渡独後は2020年にフランスで行われた第94回レオポルト・べラン国際コンクールで第三位を受賞。在学中にE.T.A-Hoffmann給付型奨学金を授与される。チューバをトーマス・ブルンマイヤー、池田幸広、足立正各氏に師事。現在は関東〜中部地方を中心に演奏家、指導者として活動。オンライン専門の音楽教室、ルフト音楽教室を運営。さわかみオペラオーケストラ団員。

102ec68d06a433b07d3d5e30207a9921-300x300

コントラバス/ファビオ・クァランタ

ローマ・サンタ・チェチーリア音楽院にて、マッシモ・ジョルジョ氏にコントラバスを学び最高得点でディプロマを取得。後に、カターニア・ベッリーニ劇場とパレルモ・マッシモ劇場のオーディションを通過、2001年にパレルモ・マッシモ劇場のコントラバス首席奏者に就任し、2013年まで務める。サンタ・チェチーリア音楽院管弦楽団、スイス・イタリアーナ管弦楽団、ボローニャ歌劇場管弦楽団など、有数の音楽団体と共演。また、ソリスティ・ディ・パルマ、フィアーティ・ディ・パルマ、アンサンブル・アルキなどの著名なイタリアの室内楽にも参加。2013年6月よりボローニャ歌劇場管弦楽団及び、ボローニャフィルハーモニー管弦楽団のコントラバス首席奏者として活躍中。

会場アクセス

杉並公会堂・大ホール

〒167-0043
東京都杉並区上荻1-23-15
※駐車場はございませんので、公共交通機関をご利用ください

荻窪駅北口より徒歩7分
(JR中央線・総武線・東京メトロ丸ノ内線)

公演ギャラリー

主催
  • 公益財団法人さわかみオペラ芸術振興財団