さわかみオペラin徳島 オペラ「カルメン」

【チケット発売情報】
〈Opera Amici先行〉2022年7月20日(水)10時~25日(月)17時まで
〈一般発売〉2022年7月27日(水)10時~

2022年12月10日(土) 

開演14:00

会場|あわぎんホール

※未就学児の入場は不可とします。
※新型コロナウイルス感染症状況によっては、主催者の判断により中止とさせていただく場合もございます。

オペラ「カルメン」
原語上演 日本語字幕付き
キャスト

演奏

合唱

演出・合唱指揮

主催
さわかみオペラin徳島実行委員会
公益財団法人さわかみオペラ芸術振興財団
共催
徳島合同証券株式会社
後援
在日フランス大使館
徳島県
備考
※出演者は変更となる場合がございますのでご了承ください。
※予約、販売後の変更・キャンセルはお受けできません。

会場
あわぎんホール 1階 ホール
(徳島県徳島市藍場町2丁目14)
アクセス

チケット

【チケット料金】指定席・税込

  • 一般
    S席:5,000円※完売
    A席:4,000円
    B席:2,500円
  • 学生
    A席:2,500円
    ※その他の席種は取り扱い致しません

〈Opera Amici先行〉2022年7月20日(水)10時~25日(月)17時まで
〈一般発売〉2022年7月27日(水)10時~
※Opera Amici先行販売は、さわかみオペラ芸術振興財団のみでの取り扱いとなります。
※学生は小学生~高校生までが対象となります。

【チケットのお求め】

  • さわかみオペラ芸術振興財団
    0570-023-223(平日10:00~17:00)
    WEB購入は、下記のボタンよりお申込みください。
    ご予約時に座席選択が可能です。

さわかみオペラin徳島とは

経済同友会青年部を中心とした有志と、さわかみオペラ芸術振興財団が共同で「質の高い音楽に触れて、より豊かな人生を送ろうよ。そんなオペラ文化を徳島に広めようよ!」をスローガンに活動を開始しました。
2019年のオペラ「トスカ」ハイライト公演に、徳島の方々にも合唱団や助演として参加できる取り組みとして、合唱団Coro Indaco(コーロ・インダコ)を結成しました。オペラを観る楽しさ、歌う楽しさをより身近に感じ、徳島にオペラ文化を広める活動の大きな一歩となりました。この活動は、2020年「道化師」、2021年「カヴァレリア・ルスティカーナ」と続いています。

「徳島の冬はオペラ」で決まり。あなたもオペラを楽しむ一員に…

プレイベントの開催しました

12月開催のオペラ「カルメン」を、さらに楽しんでもらうための企画!オペラの解説をはじめ、カルメンの有名な楽曲を演奏。
オペラを初めて観る方にも優しい公演内容となっています。ぜひお越しください。(8/6開催終了しました)

クラウドファンディングの実施

5月31日を持ちまして、クラウドファンディングへの挑戦期間を無事に終えることが出来ました。
皆様、たくさんのご支援ありがとうございました。

▼結果報告はこちら

演奏曲目

【第一部】声楽家&ヴァイオリニストによるアラカルトコンサート

  • フニクリ・フニクラ
  • オーソレミーオ
  • タイスの瞑想曲

他にも、日本歌曲や誰もが知っている名曲の数々をお届けします。

 

【第二部】カヴァレリア・ルスティカーナの解説と名場面集

カヴァレリア・ルスティカーナのあらすじ解説に交えて、名場面をお届けします。

解説者:奥村啓吾(演出家)

  • オペラ「カヴァレリア・ルスティカーナ」より“主は、生きておられる” 他

過去の公演写真

「オペラ」ってなんだか難しそう。近寄りがたい。どんなものか分からない。と思ったことはないですか?
オペラは歌と音楽で進行していく音楽劇です。400年もの長い歴史があり、現在もヨーロッパはじめ世界中で多くの音楽ファンを魅了しています。
この春、那智勝浦町にて”イタリアが生んだ芸術”『オペラ』と”日本が誇る食文化の港“『生まぐろ漁港』が時空と文化を超えて融合します。
オペラコンサートの出演者は、トリエステ・ヴェルディ歌劇場でイタリアデビューを果たした後も目覚ましい活躍をみせる<梨谷桃子>。抜群の歌唱力で観る者を惹きつける実力派歌手<前川健生>と魅惑の低音ボイス<斉木健詞>。そして、たった1つのピアノでもまるでオーケストラのような音色を生み出す匠、<篠宮久徳>の4名がオペラの名曲を歌いあげます。

驚くような迫力と表現力。そして観る者を引きつけ、心を揺さぶるオペラ歌手の歌声をどうぞお見逃しなく。

ご来場のみなさまへ大切なお願い

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、公演を開催するにあたり政府の方針及び各関係団体のガイドラインを遵守し、来場者の安全と感染防止に十分配慮して実施いたします。入場時の整列、体調確認、連絡先の提出等、ご協力をお願いいたします。

〈下記の方はご来場をお控えください〉
・ご来場日時点で、新型コロナウイルスの感染症の陽性者である方。(陽性判定後、療養・経過観察中で、保健所による「療養完了」の設定を受けていない方を含む)
・ご来場日の2週間前以内に新型コロナウイルス感染症の陽性反応が出た方と濃厚接触がある方。または、保健所から濃厚接触者の認定を受けた方。
・37.5度以上の発熱や席・咽頭痛などの症状がある方。
・公演日の2週間以内に感染が拡大している国・地域への訪問歴がある方。
〈施設内では下記の取り組みにご理解・ご協力をお願いいたします〉
・咳エチケット、手洗いや手指消毒
・来館時のマスク着用
・他のお客様との距離をできるだけ空けるように心がけ、会話はお控えください。
・会場内での出演者への花束、プレゼントのお預かり、面会はお断りいたします。
・チケットの半券のもぎりは、お客様にお願いいたします。
・新型コロナウイルス接触感染アプリ【COCOA】のインストールの利用を推奨します。
・万が一、公演中に気分がすぐれないと感じた場合には、お近くのスタッフにお声がけください。
・政府の方針に従い、ご来場いただくみなさまの「来場者情報」をご入場の際にご提出いただきます。

〈来場者情報の記入について〉

▼紙チケットの場合
チケット券面(半券)の裏面に「氏名、電話番号」をご記入ください。
▼電子チケットの場合
下記の「来場者情報記入用紙」をダウンロードし記入の上、入場の際にご提出ください。

【「来場者情報」にご記入いただいた個人情報について】
万が一新型コロナウイルスに感染された方がご観劇された場合には、保健所に速やかに報告するとともに、ご来場者様のお名前等も共有させていただく場合がございます。尚、ご提出いただきました個人情報は、適切に管理し、本オペラコンサート及び事業委託先であるさわかみオペラ芸術振興財団の活動以外の目的に使用することはありません。

■来場時間のご案内

新型コロナウイルス感染防止対策のため、入場時間を区切りご案内いたします。
下記入場時間を目安に会場へお越しいただけますようご協力をお願い申し上げます。

15:00 入場 [A列・B列]
15:15  入場 [C列~E列]
15:25 入場 [F列~H列]
15:35 入場 [I列~J列]
15:45 入場 [K列以降]

※上記の時間は目安です。時間は前後する場合がございます。また、この時間外に入場されるお客様もいらっしゃいます。

出演者プロフィール

akiko-goike1-1

郷家暁子|ローラ

神奈川県出身。東京藝術大学、同大学院修士課程オペラ専攻修了。学部卒業時に同声会賞、アカンサス音楽賞受賞。二期会研修所マスタークラス修了時、優秀賞及び奨励賞を受賞。第53回全日本学生音楽コンクール高校の部東京大会第2位入賞。丹波の森国際音楽祭シューベルトの歌コンクール最優秀賞。「セヴィリアの理髪師」ロジーナ、「ナクソス島のアリアドネ」作曲家、「カルメン」カルメンなどをレパートリーとし、2019年日生劇場「ヘンゼルとグレーテル」ヘンゼル役で出演。ソリストとしては第九などで大阪フィルハーモニー交響楽団、読売日本交響楽団、などと共演。二期会会員。

さわかみオペラアンサンブル

最新写真2021.10.05

尼崎有実子|コンサートミストレス 第一ヴァイオリン

京都市立芸術大学卒業。日本演奏家コンクール3位。蓼科音楽祭賞受賞。小澤征爾音楽塾セイジオザワ松本フェスティバルに参加。ジャパン・フェスティヴァル・オーケストラのサウジアラビア公演(指揮:吉田裕史)にてコンサートミストレスを務める。2018年、2019年にボローニャフィルハーモニー管弦楽団の研修留学(イタリア)で首席奏者のレッスンを受講しディプロマを取得。実力が認められジャパン・オペラ・フェスティヴァル2018「トスカ」、2019「蝶々夫人」にオーケストラの一員として参加。オーケストラ客演奏者や、室内楽奏者として積極的に活動。テアトロ・ジーリオ・ショウワ・オーケストラ研究員。これまでに青木晶央、橋本洋、吉川朝子、Paolo Mancini、豊嶋泰嗣の各氏に師事。

前川さん_写真_近澤幸司1-1

前川健生|ドン・ホセ

愛知県出身。国立音楽大学声楽専攻卒業、東京学芸大学大学院音楽コース修了。東京音楽コンクール並びに日本音楽コンクール入選、ソレイユ声楽コンクール第1位等受賞歴多数。東京二期会オペラ劇場では「ダナエの愛」にてデビュー後、「ばらの騎士」テノール歌手役、「アルチーナ」オロンテ役、「三部作-ジャンニ・スキッキ」リヌッチョ役、「ルル」アルヴァ役で出演。メサイア、モーツァルトレクイエム、第九交響曲などのソリストとしても出演を重ねている。遊 音楽企画代表としてこれまでに全国で公演を主催。2017年には東日本大震災復興音楽イベントを開催、福島県広野町より広野夢大使の委嘱を受ける。宗次エンジェル基金奨学生。二期会会員。

2022Yuichiro Ichikawa1-1

市川宥一郎|エスカミーリョ

昭和音楽大学卒業、同大学大学院修了。2016年イタリア声楽コンソルソ・ミラノ部門入選。第1回かわさき新人声楽コンクール第3位。2021年度第1回イブラ・グランド・アワード声楽部門入賞。第57回日伊声楽コンコルソ2021第1位、及び歌曲賞受賞。声楽を三浦克次、的場辰朗の両氏に師事。E.クライニッツ、C.サントーロ、F.ルイージ、D.ルスティオーニの各氏によるマスタークラス受講。藤原歌劇団主催オペラ公演では18年「ラ・チェネレントラ」ダンディーニ役、19年「蝶々夫人」シャープレス役、20年「カルメン」エスカミーリョ役、21年「ラ・ボエーム」ショナール役で出演。藤原歌劇団団員。昭和音楽大学重唱研究員。神奈川県出身。

satomi1-1

相原里美|ミカエラ

東京都出身。武蔵野音楽大学声楽学部卒業、同大学大学院修士課程ヴィルトゥオーゾコース声楽専攻を首席で修了。第68回読売新聞社主催全日本学生音楽コンクール声楽部門大学の部にて東京大会、全国大会ともに第1位を受賞し、甲子園や東京ドームで国歌斉唱を務める。第5回ジュリアード音楽院声楽オーディションby IFACにて最優秀賞受賞。ドイツ・レクイエムにてソプラノソリストとしてしても活躍。2017年秋より1年間、公益財団法人さわかみオペラ芸術振興財団のイタリア留学助成金奨学生として、イタリアのトリエステ、ボローニャにて研鑽。2019年オーディションで選ばれ夕鶴、つう役にて人間国宝坂東玉三郎のワークショップに出演。ドイツ・レクイエムにてソプラノソリストとしてしても活躍。

Kaori Iwasaki HS_2022

岩崎香 |フラスキータ

洗足学園音楽大学卒業、同大学院を首席で修了後、アメリカに渡りNYのマネス音楽院で研鑽を積む。日本演奏家コンクール第2位。これまでにベートーヴェン交響曲第九番ソリスト、『フィガロの結婚』スザンナ、バルバリーナ、『ドン・ジョヴァンニ』ドンナ・アンナ、『子供と魔法』火、『カルメン』フラスキータ、『内気な二人』マリウッチャ等で出演。国連でのコンサートやオペラ・イン・パークスロープコンサート(NY)、シカゴ・サマー・オペラ(シカゴ)、モレリア国際サマーオペラフェスティバル(メキシコ)、レジーナオペラカンパニー(NY)、ベルカントオペラフェスティバルインジャパン(東京)等に参加。横浜シティオペラ、二期会各会員。

野間愛 small

野間愛|メルセデス

徳島県出身。徳島文理大学音楽学部、東京藝術大学音楽学部声楽科を卒業、同大学大学院音楽研究科オペラ専攻修士課程、博士後期過程を修了し音楽博士号を取得。オペラ出演、歌曲の演奏、宗教曲のソリスト、声楽アンサンブル、合唱に至るまで幅広い分野での活動を行う。これまでに稲富祐香子、熊谷公博、永井和子、葉玉洋子の各氏に師事。子どもから大人まで初めてオペラを観る人が楽しんで観ることができる作品制作を行う団体「オペラのまど」を立ち上げ活動を行う。次回公演はオペラ『どんぐりと山猫』(AFF助成事業)2021年12月23日、24日。よんでん文化振興財団奨学生、日本ロッシーニ協会会員、現在東京藝術大学附属高校非常勤講師。

ookawa small

大川博 |ダンカイロ

埼玉県出身。国立音楽大学声楽学科卒業、同大学院音楽研究科声楽専攻修了。二期会オペラ研修所マスタークラス55期修了。修了時に優秀賞を受賞。さわかみオペラ芸術振興財団の助成を受け、イタリア・トリエステに留学。2017年6月トリエステ・ヴェルディ歌劇場シーズンプログラムコンサート、同年11月同歌劇場「エフゲニー・オネーギン」中隊長役にてイタリアデビュー。東京二期会オペラ劇場では、2018年9月プッチーニ三部作「ジャンニ・スキッキ」ベット役、2019年6月「サロメ」兵士役、同年10月「蝶々夫人」ヤマドリ役、同年11月「天国と地獄」ジュピター役で出演。「ドン・ジョヴァンニ」「愛の妙薬」「トスカ」他、多彩なレパートリーを持つ。二期会会員。

IMG_1943small

本多信明|レメンダート

愛知県名古屋市出身。名古屋大学卒業。第45回、第47回イタリア声楽コンコルソにおいて金賞、テノール特賞、第15回大阪国際音楽コンクール声楽部門一般の部第3位、第5回東京国際声楽コンクール新進声楽家部門第2位、等受賞。名古屋二期会オペラ「椿姫」アルフレード(アンダースタディ)、ガストン、「愛の妙薬(ハイライト)」ネモリーノ、「ボエーム(ハイライト)」ロドルフォ、「魔笛(ハイライト)」タミーノ、名古屋二期会オペラ「ホフマン物語」ナタナエル、スパランツァーニ等で出演。2016年、2018年にソロリサイタルを開催した(ピアノ:石山英明氏)。名古屋二期会準会員。名古屋音楽大学非常勤講師(音声学)。

matunakateppei

松中哲平|スニガ

大阪府出身。武蔵野音楽大学首席卒業、同大学院修了。新国立劇場オペラ研修所第16期修了。ミラノ・スカラ座研修所、トリエステのヴェルディ歌劇場にて短期研修修了。さわかみオペラ芸術振興財団2017年度奨学生、令和元年度文化庁海外研修生として渡伊。江原啓之氏の開運オペラ第一弾《ジャンニ・スキッキ》第二弾《夕鶴》、新国立劇場《ジャンニ・スキッキ》ピネッリーノ、さわかみオペラフェスティバル『蝶々夫人』ボンゾ、小澤塾『カルメン』スニガ役カヴァー等、多数のオペラに出演。故ボナルド・ジャイオッティ氏の最後の弟子となる。第25回練馬区新人オーディション優秀賞受賞。フィレンツェ声楽コンクール2018年度特別賞。2020年第3回サン・コロンバーラ国際コンクール入選。第57回日伊コンコルソ入選。練馬区演奏家協会会員。

森琢麿②

森琢磨|モラレス

大阪音楽大学音楽学部声楽科卒業。2015年イタリア・セニガリアでの『西洋での東洋・スカペッツァーノと京都の出逢い』コンサートにてソプラノ キアーラ・モスキーニ氏と共演、オペラ “ランメルモールのルチア” エンリーコ役等を歌う。同年、京都文化博物館で行われた『フェルナンダ・コスタ オペラコンサート』にてイタリア人ドラマチックソプラノ歌手フェルナンダ・コスタ氏の相手役として出演、息の合ったデュエットとアリアで会場を魅了する。また2018年には奈良東大寺 “東大寺本坊音楽の調べ” にて『お座敷オペラ』を企画・出演。声楽を上木惇氏、オペラ歌唱におけるイタリア語の発音法を中井美訪子氏、フランコ・コローナ氏に師事。第12回東京国際声楽コンクール本選入選。

篠宮 久徳

篠宮久徳|ピアノ

静岡県焼津市出身。東京音楽大学卒業、同大学院修了。在学中特待生奨学金を授与される。コンサート・アカンパニストとして歌曲、オペラの両分野に於いて多くのプロジェクトにて研鑽を積む。現在では、演奏会の他、国内外の歌手とのリサイタル、レコーディング、歌曲の初演、コンクールの公式ピアニスト等も手掛けている。 中田喜直記念コンクールに於いて共演賞(三浦洋一賞)、ロシア ウラジオストク国際コンクールに於いて最優秀共演者賞、2017第1回日本歌曲コンクール優秀共演者賞各受賞。ロシア声楽曲研究会ピアニスト。

okumura

奥村 啓吾|演出・合唱指揮

大阪音楽大学音楽学部声楽学科卒業。2010 年に渡伊。パオロ・グラッシ主催ミラノ演劇学校にて演出を学ぶと同時に、フィレンツェ歌劇場他、イタリアの歌劇場で、演出部として研鑽を積む。2011年にオペラ「結婚手形」を演出しイタリア・デビュー。2015年に枚方シティオペラの旗揚げ公演にて芸術監督兼演出家として好評を博す。2018年にさわかみ芸術振興財団から派遣され再び渡伊。日本人として初めてアレーナ・ディ・ヴェローナの演出チームに加わり、活動した。現在さわかみオペラ芸術振興財団所属。枚方シティオペラ芸術監督。

P2710224

Coro Indaco|コーロインダコ

レセプションパーティ

終演後は出演者も参加するレセプションパーティへ!

オペラコンサート終演後、「にぎわい市場」にてレセプションパーティを開催します。
出演者も参加するレセプションパーティは、盛り上がること間違いなし。
美味しい「生まぐろ」をいただきながら、コンサートの余韻をお楽しみください。

開始時間|コンサート終演後 ~ 20:00頃まで ※開始は18:00頃を予定
会場|にぎわい市場
参加料金|4000円(税込み)
絶品「生まぐろ」を堪能できるお料理とドリンク1杯付き

参加方法|こちらのフォームより、お申し込みをお願い致します。

 

 

公演ギャラリー

オペラ「トスカ」コンサート形式 ハイライト  ダイジェスト